ブランドの道筋を定めるアストンマーティン「DBXコンセプト」。将来市販化も

コラム Clicccar

ジュネーブモーターショーで公開されたアストンマーティン「DBXコンセプト」は、ハイラグジュアリーGTセグメントのデザインスタディモデルではありますが、日産自動車からアストンマーティンのCEOに転身したアンディ・パーマー氏は「単なる挑戦的なモデルではなく、将来的に「DBX」のような製品を具現化する」とコメント。

大人4人が快適に座れるという「DBXコンセプト」は4WDを採用し、リチウムイオン電池を搭載したEVで、F1でも採用されている「KERS(運動エネルギー回生システム)」も装備されています。

同ショーでは、上の写真のサーキット専用のニューモデルであるアストンマーティンVulcan、ロードカーの「Vantage GT3スペシャルエディション」も出展されていますが、アストンマーティンの直近の未来を表現したものと位置付けています。

「このエキサイティングなDBXコンセプトは、ハイラグジュアリーGTセグメントの可能性と今後の発展進化の姿を、アストンマーティンとして初めて皆さまに表明する」と続けています。

さらに、アンディ・パーマーCEOは、日本に新たな現地法人をそれぞれ開設すると表明しています。日本でも102年を経た同ブランドの存在価値がさらに高まるでしょう。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ