キャデラックの新世代V6エンジンは3.0リッターで400馬力の世界最高レベル

コラム Clicccar

ゼネラル・モーターズは、2015年3月31日に開幕するニューヨークオートショーを前に、キャデラックのトップレンジとなる「CT6」が搭載予定の新世代V6エンジンの情報を公開しています。

世界でもっとも進んだガソリン6気筒エンジン、とアピールするだけあって、リッターあたりの出力は133馬力(99kW)とラグジュアリーモデルとしてのライバルを凌ぐスペックを実現しています。

もちろん、ツインターボ仕様です。

●新設計V6ツインターボエンジン主要スペック

最高出力:400HP(298kW)
最大トルク:400lb-ft(543Nm)
ボア×ストローク: 86.0mm×85.8mm
圧縮比:11.5
ブースト圧:125kPa

ゼネラル・モーターズのプレミアムブランドであるキャデラックの、しかもラグジュアリー・トップレンジモデルとなる「CT6」に搭載されるエンジンですから、単にパフォーマンスだけを追求したものではありません。

環境性能にも十分以上に配慮されています。ですから、アイドリングストップ機構や気筒休止システムが備わるのは当然。さらに、新開発という「ターゲッテッド・クーリングシステム」は、熱を持ったエリアを適切に冷却するだけでなく、エンジン始動の暖機も最適化することで燃費性能を向上させるというものです。

もちろん、燃料噴射は直噴タイプ。左右バンクのターボチャージャーは、エキゾーストマニホールド内蔵ヘッドに直付けとなり、吸気レイアウトも最短距離でつなぐ最新トレンドを示すカタチとなっています。

■関連記事

キャデラックCTSプレミアムの意外な走りの味わいとは?
http://clicccar.com/2015/03/03/295280/

キャデラック「CTSプレミアム」画像ギャラリー ─ ブランドロゴマーク「キャデラック・クレスト」を初採用
http://clicccar.com/2015/03/10/296901/

時速320キロ! キャデラックCTS-Vは世界でもっとも高性能なラグジュアリーカー
http://clicccar.com/2015/01/02/284571/

キャデラックが420馬力のV6直噴ツインターボを公開【ニューヨークオートショー】
http://clicccar.com/2013/03/27/216305/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ