新型インプレッサの上質な乗り心地はスバルでベストか!?

コラム Clicccar

昨年11月末にマイナーチェンジを受けたスバル・インプレッサ。こちらでもご紹介したようにエクステリアをよりアグレッシブなデザインに変更し、インパネには金属調加飾やピアノブラック調パネルを積極的に盛り込んでいるほか、中央に3.5インチカラーのディスプレイを搭載するなど、ほかのスバル車と共通するHMI(Human Machine Interface/ヒューマン・マシン・インターフェイス)となっているのも特徴。

今回のマイナーチェンジでは、アイサイトをバージョン3にアップデートしているほか、2.0Lのエンジンのフリクション低減などにより燃費を向上し、さらにSI-DRIVEを搭載しています。

さらに、ダンパーの減衰力やスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンションも手が入れられているほか、市街地での取り回しの良さを狙ってステアリングのギヤ比を16.0:1から14.5:1に変更するなど、走りの上質感向上やフットワークの軽快化も図られているのも注目です。

さて、注目の走りはどうだったでしょうか。ひと言でいうと「しなやか」という印象。

現行のインプレッサ・スポーツにはデビュー直後のプレス試乗会などだけでなく、私事ですがマイナーチェンジ直前のモデルに乗る機会が何度もあり、新型は停止時からゆっくりと走り出しただけで、小さく跳ねるような動きが影を潜め、路面の凹凸を丁寧にいなしていく上質さが感じられます。

ステアリングのギヤ比が変わった点は、今回の試乗場所とちょい乗りでは大きな違いは感じられませんでしたが、「吸音材の追加やウインドウ周辺の構造変更などにより静粛性を引き上げた」というNVH全般の改善は確かに印象的で、乗り味や静粛性といった面ではCセグメントの平均値は十分にクリアしています。

今回のスバルの試乗会では、レガシィ・アウトバック/B4やWRX/S4、フォレスター、インプレッサなど軽自動車をのぞく最新モデルが揃っていましたが、試乗会となる西湘バイパスや箱根ターンパイクなどのステージに限っていえば、シャーシとボディ、エンジンのバランスがよく、バネ下が軽くて足がよく動く感じのインプレッサの乗り心地がベストかも! と思えたほど。

車両価格で250万円までで手頃なサイズのハッチバック、もしくはセダンを考えているならインプレッサ・スポーツやインプレッサG4も選択肢に入れたいところです。

■ビッグマイナーチェンジを受けたインプレッサの5つのポイント

http://clicccar.com/2014/11/25/279403/

■ほぼカタログモデルの特別仕様車「インプレッサ SPORT 2.0i EyeSight Active Style」

http://clicccar.com/2014/11/25/279418/

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ