スバルのベーシックセダン「インプレッサG4」は年改でどう進化したのか?

コラム Clicccar

スバルのクルマ作りといえば、「年改」と呼ばれる年次改良によって、毎年レベルアップさせていくことで知られています。

しかも、スバルの年改は出し惜しみすることなく、最新・最良の知見を可能な限り投入するのも伝統。それだけに年次改良によって、どこまで進化しているのか、他メーカーに比べても気になるファンは少なくないでしょう。

さて、2014年11月に年次改良を受けたインプレッサG4(セダン)を市街地とクローズドのパイロンコースにて乗ることができました。

その年改では走りについて、次のような変更点をアピールしています。

ショックアブソーバーの減衰力やコイルスプリングのバネ定数の最適化といったサスペンション性能の向上やステアリングギア比の変更(従来型16.0:1→新型14.5:1)などにより、振動が少なく、しなやかな乗り心地を実現すると共に、気持ちの良いハンドリングと取り回しの良さを向上させました。

果たして、インプレッサG4のハンドリングは、どのような進化を遂げているのでしょうか。試乗したのは、最上級グレード「2.0i-S EyeSight」です。

ステアリング操作の反応など、フロントは狙い通りの進化が確認できるもので、単にベーシックな4ドアセダンではなく、いかにもスバルというブランドに期待するリニアリティを手に入れているように感じます。

しかし、最初の印象は長く続きません。そのままロールさせていくと、あるところでリヤ内輪の接地感が急に薄くなり、大きなヨー(クルマが回ろうとする力)が発生します。

この一連の動きは、クイックなハンドリングという期待には応えてくれるものですが、最新のスバル車とはちょっと違う印象を受けるものです。

レヴォーグ以降、WRXやレガシィといったスバル車には、タイヤを面でしっかり接地させるシャシー、過渡特性の非線形性をマイルドにするセッティングが施されている傾向にありますが、インプレッサG4のハンドリングは、フロントはレベルアップしているものの、リヤがバランスしていないと感じるともいえるでしょうか。

このあたりの挙動について開発スタッフによれば、乗り心地を確保するための柔らかめのスプリングレートとしていためにウレタン製バンプストッパーを使う領域がスバルの他モデルよりも広い(早い)傾向にあり、その比較において限界域に近づいていくと、上記のような挙動を示すこともありえるだろうと言います。

コスト、ニーズ、優先順位……様々な要素を考慮しつつ、常にベストと思えるクルマへと仕上げるのがスバルの年改。現時点では、ステアリング操作にしっかりと反応するハンドリングとなっていますが、ベーシックセダンとしての「G4」の基本部分は、あらゆる方向に進化する余地を残しているともいえそうです。

●インプレッサG4 2.0i-S EyeSight 主要スペック
車両型式:DBA-GJ7
全長:4585mm
全幅:1740mm
全高:1465mm
ホイールベース:2645mm
車両重量:1370kg
乗車定員:5名
エンジン型式:FB20
エンジン形式:水平対向4気筒DOHC
総排気量:1995cc
最高出力:110kW(150PS)/6200rpm
最大トルク:196Nm(20.0kg-m)/4200rpm
変速装置:CVT
燃料消費率:16.2km/L (JC08モード)
タイヤサイズ:225/50R17

試乗車参考価格:2,899,800円(内オプション価格 469,800円)

■関連記事

新型インプレッサの上質な乗り心地はスバルでベストか!?
http://clicccar.com/2015/03/24/299801/

ビッグマイナーチェンジを受けたインプレッサの5つのポイント
http://clicccar.com/2014/11/25/279403/

スバル・インプレッサとXVの進化したアイサイトが40点満点の高評価
http://clicccar.com/2015/01/28/290737/

スバル・インプレッサ 販売台数クラスNo.1のヒミツとは?
http://clicccar.com/2014/07/24/263013/

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ