レンジローバー・スポーツに380psの新グレード「HST」が登場

コラム Clicccar

オンロードはもちろんのこと、雪上やオフロードでも上質な乗り心地が味わえるのがレンジローバー・スポーツの魅力です。

ニューヨーク・オートショー2015で披露された「HST」は、最高出力380psを発揮する3.0L V6スーパーチャージャーを搭載。

従来から設定されている340psの3.0L V6スーパーチャージャー版から40ps増強されていて、550psを誇る5.0L V8スーパーチャージャーの中間に位置する仕様になっています。

外観のテーマにブラックを掲げ、ステルスパックのライトが採用されています。ヘッドライトとテールランプには非反射の表面加工が施されていて、サントリーニ・ブラックのコントラストルーフと新設計のスポイラーとともに存在感を発揮。

個性的なデザインで目を惹く21インチのアルミホイールは、特別なダークグレイのサテン仕上げで、赤いブレーキキャリパーを備えた改良版ブレーキが用意され、22インチのステルス・アルミホイールもオプションで選択できます。

インテリアでは、贅沢なオックスフォード・レザーでトリムされたデュオトーンのシートが注目。

ダッシュボードや全面エボニーのドアトリムとセンターコンソール、そしてスタンダードなエボニーのヘッドライニングの組み合わせは、「HST」独特の仕上がりになっています。

高級感あふれるレザートリムは、オプションで全面エボニーとすることに加え、エボニーと4色のいずれかを組み合わせることが可能です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ