マクラーレンのスポーツシリーズ第1弾「570S Coupe」が世界デビュー!

コラム Clicccar

マクラーレンのスポーツシリーズ第1弾「570S Coupe」がニューヨーク・オートショー2015でデビューしました。

エアロダイナミクスを最適化した「シュリンク・ラップト(小さく引き締まった)」と呼ぶフォルムが特徴で、リヤにフライング・バットレスを取り入れてダウンフォースを強化。

ミッドにマウントされたV8エンジンに、さらに空気をダイレクトに送り込み冷却効果を高める複雑なデザインをドア・シェルに採用しながら、流麗なフォルムを実現しています。

3.8L V8ツインターボの進化型であり新型のM838TEエンジンを搭載。マクラーレンの手によるエンジンは、その名のとおり最高出力は570ps、最大トルクは600Nmという強大なパワー、トルクを誇ります。

トランスミッションは、DSGの7速SSG(シームレスシフトギアボックス)で、トルクは後輪に伝達されます。

軽量化の面でも抜かりはなく、カーボン・ファイバー製の「モノセル2シャシー」は、日常の使いやすさに重点を置き新しくデザインされ、クルマへの乗降の利便性にも配慮されているそう。

強固さを兼ね備えながら80kg以下という軽さで安全性を確保し、軽量構造とアルミニウム製ボディパネルを使用することにより、乾燥重量1313kgを実現。

軽量ボディとハイパワーを誇るエンジンにより加速性能も抜きん出ていて、0-100km/hまで3.2秒、0-200km/hまではわずか9.5秒で到達し、最高速は328km/hに達します。

インテリアもレーシーですが快適性も確保されています。標準仕様はスポーツシート(レーシングシートはオプション)とステアリング、ダッシュボードにレザーを採用。

また、マクラーレン・モデルの中で最も大きな収納スペースを確保し、150Lの容量を誇るフロント・ ラゲッジルームも装備。

インパネで目を引くのがTFTのデジタル・インストルメント・クラスターで、タッチスクリーンに新たに統合された温度調節機能、Bluetooth接続などが可能なインフォテイメントシステムを完備しています。

2013年度に黒字化を達成したマクラーレンは、2014年度はグローバルで1648台を納車しているとのことで、2015年度もさらなる飛躍が予想されます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ