「インフィニティQX50」の2016年モデルと「QX30コンセプト」が北米デビュー

コラム Clicccar

日本ではスカイライン・クロスオーバーの名で販売されている北米向けのインフィニティEXは、彼の地では2013年にインフィニティQX50と車名が変更されました。今回のニューヨーク・オートショー2015では、その2016年モデルが披露されました。

2015年モデルから外観デザインを変更し、ホイールベースを3.2インチ伸ばすことで、居住性の向上を図っているのが特徴で、足元の空間を4.3インチ広くなっています。

最高出力325psの3.7Lエンジンと7速ATの組み合わせは現行モデルと変わりませんが、ラインアップは2WDと4WDを揃え、オプションパッケージも一部変更。米国では、2015年秋の発売が予定されています。

さらに、アメリカで初披露されたのが「QX30コンセプト」。ターゲットは、若い富裕層で、今後この層の増加により成長が予想されるプレミアムコンパクトクロスオーバーセグメントへ向けたコンセプトカー。

ジュネーブショーで初披露された「QX30コンセプト」は、流麗なラインを描くクーペとクロスオーバーが持つ4WDと高い着座位置を兼ね備えたアーバンエクスプローラーとしてデザインされ、そのスタイルと存在感、洗練されたプロポーションとフォルムが自慢です。

一方のインテリアは、未来的な外観とは異なり、温かみを感じさせる心地よい空間デザインがテーマ。

運転席と後部座席の乗客の距離を狭めることで、会話しやすい空間設計になっているほか、高級感を抱かせる茶色の革と青いアクセントによる落ち着いたダークトーンが採用されています。

「QX30コンセプト」は、2016年に発売される予定とのことですが、世界的な流行になっているコンパクトなプレミアムSUVで存在感を発揮できるか注目です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ