日産が掲げる安全ビジョン「Vision ZERO」で死亡、重傷者数がゼロになる日が来る!?

コラム Clicccar

2020年までに日産車が関わる死亡、重傷者数をゼロにする──日産の安全ビジョン「Vision ZERO」という同社の目標があります。ボルボも2020年までに新しいボルボ車での死者や重傷者をゼロにするという理念「ビジョン2020」を掲げています。

しかし、ゼロにするというのは交通社会の世界で現実的ではなく、「限りなくゼロに近づける」というのが正解なのでしょうが、日産も究極のゴールは実質ゼロとしています。

さて、日産の追浜試験場GRANDDRIVEで行われた、最新安全技術取材会での模様を何回かに分けてご報告します。

「Vision ZERO」の実現に向け、日産では「クルマが人を守る」というコンセプトで、アクティブセーフティ(予防安全)とパッシブセーフティ(衝突安全)の両面からアプローチしていますが、これはどの自動車メーカーも同じでしょう。

「セーフティ・シールド」と呼ぶコンセプトは、「事故などの危険性を極力避ける」、「万一、衝突が避けられない場合も被害を最小限に抑える」という2大柱からなっていて、前者は予防安全、後者は衝突安全ということになります。

予防安全は、インテリジェントクルーズコントロール(危険が顕在化していない状態で、快適なドライブにも寄与)、危険が顕在化するとLDP(車線逸脱防止支援システム)で支援。さらに、衝突するかもしれないという状態になると、「エマージェンシーブレーキ」で衝突を回避、もしくは被害の軽減を図るというもの。

そこで、今回はエマージェンシーブレーキなどの予防安全を体感しました。もちろん、「体感する」安全装備といえば予防安全が中心なのですが。

日産の予防安全システムには踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)、LDP(車線逸脱防止支援システム)、BSI(後側方衝突防止支援システム)、PFCW(前方衝突予測警報)などがあります。

インテリジェントペダルは、シーマやフーガ、スカイラインなどに搭載されている技術で、追従走行中の先行車に近づいてアクセルを戻すと、同システムが作動し、自然なブレーキ操作で減速するもの。

また、先行車に近づいているのにアクセルを踏んだままだと、システムが作動しアクセルペダルを押し戻します。この感覚はドライバーにはっきり足裏の感覚で伝わりますから、アクセルを戻すなどの操作を促すには確かに有効という印象です。

そのほか、エマージェンシーブレーキ(カメラ/ミリ波レーダー)や、LDP(車線逸脱防止支援システム)、BSI(後側方衝突防止支援システム)、PFCW(前方衝突予測警報)などの紹介は個別にご紹介しますが、「できるだけドライバーを危険に近づけないようにクルマがサポート」し、「万一、衝突が避けられない時も被害を最小限に抑える」という「セーフティ・シールド コンセプト」は着々と進化を遂げています。

日産は2015年度中に日本で発売している電気自動車、商用車を含むほぼすべてのカテゴリーにエマージェンシーブレーキを搭載するとしていて、主要量販モデルへのエマージェンシーブレーキ標準化を2015年度秋までに完了するとしています。

蛇足ですが、日産を含めた一部の自動車メーカーがホームページやCMなどで「自動ブレーキ」と表現し、小さな文字で注釈を入れるアピール方法はまさ に、注釈で自ら解説しているように「安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではない」のが大原則。誤解を生みかねないので「自動ブレーキ」という通称も含めて訴求方法は一考の価値ありでしょう。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ