北米トヨタが「ガラス張り」の新本社予想図を公開!

コラム Clicccar

トヨタ自動車が25日、米テキサス州に建設予定の北米新本社キャンパス完成予想図を公表しました。

同社は昨年4月にカリフォルニア州トーランスにある北米本社の移転を発表。

各部署の連携を強化して「もっといいクルマ」をより迅速に提供すべく、製造・販売・マーケティングなどの本社機能の集約・移転を決断したもので、今年1月に起工式を行い、移転に向けた準備を着々と進めているそうです。

具体的には2016年後半から2017年にかけてカリフォルニア、ニューヨーク、ケンタッキーの各州に分散していた拠点(TEMA、TMS、TMA、TMCC)を今回予定しているテキサス州ダラス北部の「プレイノ」に集約する計画のようです。

新キャンパスでは7つのオフィス棟に囲まれた中心地に「Central Plaza」を建設。

動画を見るにはこちら

コミュニケーションの中心となるよう、カフェテリアやジムのほか、従業員同士の交流に使えるスペースなどを配置しているそうです。

また外壁をガラス張りとして自然光を最大限活用、社屋や駐車場に太陽光パネルを設置するなど、自然を活用した環境に優しい特長を備えており、水を確保・貯蔵するための灌漑設備を整備して水を大切に使うキャンパスを目指すとしています。

動画を見るにはこちら

ちなみに海外メディアは同社が昨春、本社移転を発表した際の報道において、北米で販売している車両の殆どが北米南部で生産されており、遠く離れた西海岸に本社を置く必然性が薄れた事や、カリフォルニア州の人件費の高さ、米国でも突出した州税の高さなどを移転の理由に挙げていました。

確かに今回の移転で数多くのメリットが生まれるのも事実のようです。

・企業に優しい環境
・直行便が利用可能な2空港
・各工場とも比較的近い
・質の高い生活環境、教育環境
・周辺地域の住宅価格が手頃
・個人所得が非課税

従業員約4,000人を新本社に集結させるという、トヨタが北米進出後最も大きな組織移動となるそうですが、これも同社が米国で持続的成長を遂げるための必要策として決断に至ったようです。

■Toyota Motor Sales, U.S.A
http://pressroom.toyota.com/

〔関連記事〕

米販売が好調なトヨタが2016年、北米本社移転の背景は
http://clicccar.com/2014/07/17/262178/

Avanti Yasunori

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ