VW「新型パサート」画像ギャラリー ─ 不要な線はひとつもない、無駄をそぎ落とした外観デザイン

コラム Clicccar

初めて対面した新型パサートは、シンプルな面と線で構成されたプレーンなデザインという印象が強いのと、率直に「でかい! 低い!」というものでした。

フォルクスワーゲンのデザインは「無駄な線がひとつもない」というのが、アピールのひとつになっていますが、現行ゴルフからも感じられる面の表現の巧みさがパサートにも存分に反映されています。

シンプルなのに素っ気なくなく、チープでもない。面をグラマラスにすればドラマティックに見えますが、そうした小手先ではないボディの表現力は、プレス成形の技術の高さも抱かせるもの。

さて、新型パサートを見ていくと、セダンは全長4785×全幅1830×全高1470mm(Highline/R-Line)で、全長4785×全幅1820×全高1490mmの先代と比べると、全長は同一、全幅は10mmワイドになり、全高は25mm低くなっています。

ワイドなグリルデザインもあって、「ワイド&ロー」という印象は数値以上に感じましたが、全幅は10mmしか広がっていないのは、狭い日本では歓迎すべきでしょう(それでもワイドですが)。

ワゴンのヴァリアントは、全長4775×全幅1830×全高1510mm(Highline/R-Line)で、セダンよりも全長は意外にも10mm短く、全幅は10mmワイド、全高は40mm高くなっています。ホイールベースはセダンもヴァリアントも2790mm。

なお、同じヴァリアントでもTrendlineとComfortlineは、全高が1485mmと25mm低くなっています(ルーフレールは全車標準装備)。

ボディカラーは、全9色が用意されており、ハーバードブルーメタリック(4P)、クリムゾンレッドメタリック(5P)、オリックスホワイトマザーオブパールエフェクト(OR)が新色で、後者2色が有償色となっています。

■新型パサートが8代目にフルモデルチェンジで、輸入車トップクラスの20.4km/Lを達成
http://clicccar.com/2015/07/16/317887/

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ