ホンダS660がさらに楽しくなるモデューロのパーツ装着車

コラム Clicccar

オープンカーのホンダS660は、すでに納車が約1年待ちとなっているほどの人気車となっています。そのS660の運転する楽しさをさらにアップさせるモデューロブランドのパーツがホンダアクセスから発売されました。そのパーツ装着車に試乗しましたのでインプレッションを紹介しましょう。

モデューロというのは、ホンダの純正アクセサリーを製造・販売しているホンダアクセスが開発アドバイザーに土屋圭市さんを迎えて開発したサスペンション、ブレーキ、ホイールなどのブランド名です。ベース車とのフィット感だけでなく、機能性も高くさらに3年間6万km(消耗品を除く)の保証が付くというスグレモノのパーツです。

今回は3台のS660が用意されていました。1台目はアルミホイールを標準装着からモデューロのMR-R01に交換した仕様。そして2台目はサスペンションとアルミホイールを交換した仕様で、3台目はアルミとサスに加えて、フロント&リアバンパーそして、車速が約70km/hになると、自動で上がり、車速約35km/hになると自動で格納するアクティブスポイラーを装着した仕様です。

試乗コースとなったのは、群馬サイクルスポーツセンター。ここはアップダウンが激しいうえ路面のアンジュレーションがきつく、プチニュルブルクリンクを呼ばれているタフなコースです。一体モデューロのパーツを装着したS660はどのような走りを見せるのでしょうか。

サスペンションによって安定感が増し、エアローパーツよって荷重変化が良化

まずはアルミホイールのみを交換した仕様のインプレッションですが、このクルマだけはCVT車でした。想像以上に路面は荒れていて、路面からの入力がダイレクトに伝わるため、ステアリングに振動が伝わるので、アクセルを踏むことに躊躇するシーンがありました。さらにコーナリング中にも段差があるため、トラクション抜けはないもののタイヤの接地感はやや希薄な印象です。

ホイールを交換しただけでも、十分S660の魅力はアップしているのですが、十分に楽しむというところまではいきませんでした。続いて試乗した6MTのサスペンションを装着した仕様になると、路面との接地感がグンと増しています。荒れた路面からの入力をいなしてくれるうえ、すべてのタイヤの接地感が増すためコーナリングの姿勢が安定し、速度もアップします。

また、ドリルドタイプのディスクローターやスポーツブレーキパッドによって制動性も高くなっているので、ブレーキを踏んでいる時間が短くても、しっかりと減速できてコーナーに進入できます。アルミホイールのみではフルバンプしたような場所でもこちらはボディが路面に押しつけられるので、安心してアクセルを踏むことができ、運転が楽しくなります。

輪すべてをしっかりと仕事をさせるサスキットとエアロパーツ

そして最後はモデューロが開発したエアロパーツを装着した仕様です。正直乗る前はこんな小さなリアスポイラーが本当に効果があるのかなと疑っていました。しかし、最初のコーナーに侵入する際にハッキリと違いが認識できました。それはリア荷重の良さです。

S660は運転席後方にエンジンを搭載するミッドシップなので、そもそもリア荷重が良いのではと思いがちですが、サスペンション装着車はフロントへのトラクションのかかりが良く感じましたが、エアロパーツ装着車はコーナリング時のリアへトラクションのかかりが良く、4輪全てが仕事してコーナーを曲がっていきます。

上の写真は同じ定点で撮影した写真ですが、左がサスペンション+アルミの仕様。右がサス+アルミにエアロパーツを装着した仕様です。一見、左の方がロールしてトラクションが掛かっているように見えますが、これは下り坂の右コーナーへの進入のため、左フロントにかかりやすいからです。しかし右は一見するとロール量が小さいため、トラクションのかかりが悪く見えるかもしれません。しかしこちらは4輪すべてにしっかりとトラクションがかかり、ドライバーにはリアのタイヤの仕事量がしっかりと伝わってくるため、アクセルを開けるタイミングがしっかりと把握することができます。

タイヤからのインフォメーションがよく分かるため、もうアクセルを踏んで良いのか、もう少しガマンなのかというタイミングが把握できるので、自分の思い通りにS660を操ることがきます。また、標準装着されているアドバンネオバAD08Rという専用のハイグリップタイヤの性能をモデューロのサスキットやエアロパーツを装着することでさらに引き出すことができるといえるでしょう。

高いボディ剛性をはじめ電子制御デバイス、高性能タイヤによって高いポテンシャルをもつS660ですが、モデユーロのパーツを装着することでドライバーが操る楽しさがプラスされるといえます。今回はクローズドのコースでの試乗だったので一般公道ではどのような走りを見せてくれるのか愉しみな1台です。
(文:萩原文博/写真:小林和久)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ