トヨタ「アクア」が米IIHS評価で「トップセーフティピック」に認定!

コラム Clicccar

IIHS(米道路安全保険協会)が実施した「スモールオーバーラップ」衝突テストで2013年モデルが「POOR」の判定を受けたトヨタ アクア。

今回IIHSが2015年モデルのアクアで実施した2回目となる同テストでは頭/首、胸、大腿部への傷害レベルが最小限となり、「GOOD」(優)の評価に。

「スモールオーバーラップ」評価は固定バリアに車両前部のドライバー席側1/4が当たるようにオフセットさせてぶつけるもので、実際の衝突形態で多い対向車がセンターラインをはみ出してきて衝突するケースを想定したものとなっています。

このテストでは衝突時に車体前後方向の変形を抑制するフロントサイドメンバよりも外側に入力が入るため、衝撃を吸収しきれず、ボディの変形が大きくなることから、厳しい判定となる傾向があります。

同評価はIIHSが前面衝突による死亡事故のうち、小ラップ衝突に起因するものについては従来の衝突試験だけではカバーできず、搭乗者の死亡事故撲滅に繋がっていない点に着目、実際の事故形態に沿って新たに追加されたもの。

当初は欧州の高級ブランド車も対応で出遅れた経緯が有り、トヨタ自動車も前回の評価へのリベンジで本格改良に打って出たという訳です。

動画を見るにはこちら

対策前後ではそのダメージ差が明確に現れており、ボディの変形量低減に加え、ダミー人形の頭部がしっかりエアバッグで受け止められている様子が見てとれます。

動画を見るにはこちら

IIHSは衝突安全性の高いモデルを「トップセーフティピック」として認定しており、今回アクアは最高評価としての同認定を得ました。


(出展 IIHS)

「スモールオーバーラップ」評価はブランドを問わず、米国で広く一般公開されており、販売にも影響するため、現在では世界中の自動車メーカーが重視する評価の一つとなっています。

■IIHS Prius c 評価
http://www.iihs.org/iihs/ratings/vehicle/v/toyota/prius-c-4-door-hatchback/2015

〔関連記事〕

IIHS衝突試験の新評価で判明した人気車の意外な弱点とは
http://clicccar.com/2013/01/04/208718/

Avanti Yasunori

【画像をご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/2015/08/17/322057/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ