イギリスに暴走族がいないワケは? F1女子がフォーミュラEの裏話を独占取材!?

コラム Clicccar

8月23日(日)六本木けやき坂通りで大盛況に終わったフォーミュラEデモ走行。なんと、5000人ものお客さんが集まったそうです!凄いですよね!

デモ走行の記事はこちら→電気自動車のF1が六本木を駆け抜ける! 日本初フォーミュラEデモ走行にF1女子も大興奮!!

デモ走行終了後にフォーミュラEマスコミ説明会があったので、そちらも参加してきました。ゲストの方達のお話をたっぷっりと紹介したいと思います。

まず初めに、フォーミュラE広報担当に方による概要紹介。こちらの写真でも分かるように、フォーミュラEは世界各地でデモ走行を実施しています。今回のイベントで、日本が新たに加わり嬉しいですね。

さぁ、いよいよゲスト陣の登場です!

最初に登場したのは、フォーミュラEホールディングス・CEOのアレハンドロ・アガク氏。フォーミュラEに寄せる想い、今後の可能性についてお話してくれました。

「今日は東京の中心地でデモレースができて良かった。フォーミュラEは3年前にアイディアだけでスタートした。ゼロからのスタートで、厳しい課題もあったけれど無事にシーズンを終えられて良かった。ひとつのアイディアからスタートしたフォーミュラE。これからの自動車産業の助けになるのではないかと思う。」

「フォーミュラEはまだまだ改善が必要だ。テクノロジーを進化するには、各チームを競走させる必要がある。この競走が、自動車産業・モータースポーツ発展の要となる。過去のモータースポーツの歴史もそうだった。日本の企業からもたくさん参加してもらいたい。」

「ファンブーストも新しい取り組み。ファンブーストがレースの結果に影響をもたらす。子供達も参加できて良い。ファンブーストに参加する事で、もっとフォーミュラEに親しんでもらいたい。今の子供達が大人になり、初めて購入する車は電気自動車になるだろう。今日もたくさんの子供達が来てくれて嬉しかった。」

フォーミュラEを通じて、自動車企業やモータースポーツがもっと発展すると良いですよね。日本の企業も積極的に参加して、日本のモータースポーツが盛り上がればなと思います。

次に登場したのは、自民党モータースポーツ振行議員連盟・会長の古屋圭司氏。日本で実施する公道レースの意義、フォーミュラE招致に向けた動きについてお話してくれました。

「日本の自動車産業は世界一だけれど、モータースポーツはどうなのか。かつての自動車産業に戻したい。モータースポーツを盛り上げるには新たな法律があったほうが良い。10年前から考えているが、なかなか難しい。しかし現在ほぼ全党の了解を得ているので、この秋の国会で成立する予定。この法律は、自動車関連産業の育成・青少年の健全育成を目的としている。」

「イギリスには暴走族がいない。それはなぜか?イギリスではモータースポーツがとても盛んで、日本での野球の話題のようにモータースポーツの話題が豊富。バイクや車をおもいっきり運転したい、そんな若者たちがモータースポーツに没頭できる環境がイギリスにはある。日本でもそのような環境を作れば、暴走族はいなくなるのではないか。新しい法律は、このように青少年の健全育成に大きく関わってくる。」

「日本での公道レースを行う事も大きな目標。全国にも公道レースをやりたいと思っている議員がいて、協議会を作りたいと思っている。フォーミュラEは騒音問題がないため、公道レースにむいている。公道レースを行う事によって、その地域の観光業も盛んになるのではないか。」

イギリスに暴走族がいないとは驚きです!確かに海外に行くと、日本に比べてモータースポーツの看板や雑誌、新聞を多く見かけます。モータースポーツの力で日本の情勢を変える。ぜひ、この法律が成立されればなと思います。

続いて登場したのは、チームアグリ・プレジデントの鈴木亜久里氏とチームアグリ・チームプリンシパルのマーク・プレストン氏。1stシーズンを振り返って、2ndシーズンに向けた豊富・展望をお話してくれました。

「1stシーズンはエキサイティングなシーズンだった。夢から始まったフォーミュラE。第4戦のブエノスアイレスGPでの優勝が一番嬉しかった。シーズンが終わり、よし!やった!できた!と感じている。」

「2ndシーズンもとても楽しみにしている。昨シーズン走ったトラックに加えて、新しいトラックもあり両方とも楽しみだ。8月25日にテストが終わる。新しい戦略もあるので、皆さんにお披露目できるだろう。」

アロウズ、マクラーレン、スーパーアグリと、F1のエンジニアとして長く活躍し、大きなな実績を収めてきたマークさん。マークさんの「フォーミュラEやろうよ!」の一言で、亜久里さんはフォーミュラEへの参戦を決意したそうです。夢を追い続けるマークさんはとても素敵でした!

「マークさんに声をかけられ、どれだけできるか分からないけれど一緒に頑張ろうか!という感じで始まった1stシーズン。2ndシーズンからは質の高いレースが見られると思う。他のチームに負けないよう、頑張りたい。」

2ndシーズン、どのような走りになるのか今から楽しみですよね。亜久里さんのフォーミュラEに対する熱い思いが伝わってきました。これからの活躍に期待したいです。そして、いつかチャンピオンを取ってほしいと心から思いました。

最後に、デモ走行を終えたばかりの山本左近選手がレーシングスーツを着て登場です。レーシングスーツ姿、やはりかっこいいですよね!F1女子にはたまりません^^元F1ドライバーでフォーミュラE最終戦のロンドンGPに、アムリン・アグリ・フォーミュラEチームから参戦した左近選手。デモ走行の感想、ロンドンGPの感想、フォーミュラEの魅力についてたっぷりとお話しをしてくれました。

「今日のデモ走行を凄く楽しみにしていた。実際に走ってみて、とても楽しかった。ファンの方達の声援を感じ、たくさんのお客さんに手を振ってもらって嬉しかった。こんなにお客さんの近くを走れるのはフォーミュラEならでは。」

「ロンドンGPは公園の外周を走る。普段、街の人がジョギングやサイクリングをする道。ホテルからサーキットまでも歩いて行け、街の中心地という感じがした。」

「フォーミュラEはモーターを使って走らせるので、今までにない音がする。静かなので、友達と会話しながら観戦できるのも魅力のひとつ。全戦市街地でやるので、ファンとの距離が近い。エネルギーマネジメントをするにあたり、今までにない運転技術が必要となる。」

「まだ来年の自分に対する決定事項はないが、フォーミュラEを通じてモータースポーツが発展すれば良いと思う。」

騒音のない、フォーミュラE。友達とレースについて話ながら見るのも、新しい観戦スタイルなのかもしれません。また、デモ走行後に長時間ファンサービスをしていた左近選手ですが、来てくれたファンの皆さんへの感謝の気持ちが強く、恩返しがしたくて一人一人丁寧にサインをしていたそうです。とてもファン想いな左近選手。2ndシーズンも、フォーミュラEでの走りが見たいですよね。今後も頑張ってほしいです!

ここで、ゲストの方全員への質疑応答がスタートです。

Q:古屋議員へ質問。モータースポーツを盛り上げると、日本の産業へどのような影響があるのか?

A:レースから得た、ノウハウを一般車へ影響できる。公道レースを行う事により、その地域での観光業を盛んにすることができる。

Q:古屋議員へ質問。フォーミュラEに加わり、周囲で何か変わった事はあるか?

A:フォーミュラEの知名度は、日本ではまだまだ高くない。公道でデモ走行をする事で、知名度が上がるだろう。日本でフォーミュラEのレースを開催する事ができたら、全く違う世界が広がる。環境に優しい、電気自動車が身近に感じられるようになる。

Q:フォーミュラEホールディングス・CEOアレハンドロさんへ質問。いろいろな国でデモ走行を行っているが、日本のデモ走行はどうだったか?

A:スピードがあまり出せなかったのは残念だが、お客さんの空気感は良かった。今回のデモ走行は、レース開催への大きなステップになった。

様々な記者の方が質問する中、私も勇気を出して左近選手に質問をしてみました!F1女子、インタビューデビューです^^

Q:F1とフォーミュラEの違いは何か?もし東京でフォーミュラEを開催するなら、どこの道が面白いと思うか?

A:フォーミュラEは、F1と比べ100重い。そのためブレーキが難しいが、ドライビングスタイルは同じ。

A:東京でフォーミュラEをやるなら、どこでもできると思う。ロンドンの道幅は凄く狭かったが、今日デモ走行で走ったけやき坂通りはロンドンより道幅が広かった。けやき坂通りくらいの道幅があれば、レース中のオーバーテイクも期待できる。六本木での開催も面白いと思う。

目をしっかりと見ながら、とても丁寧に回答してくれました。左近選手、ありがとうございました。フォーミュラーEがF1より100も重いとは驚きです!けやき坂通りでの、オーバーテイクも見てみたいですよね。ますますフォーミュラEの日本開催への夢が広がりました。

更に!フォーミュラEホールディングス・CEOのアレハンドロさんと直接お話しできる機会があったので、ファンブースト(観客/視聴者が応援したいドライバーにオンライン投票をし、得票上位3人のドライバーはレース中にエキストラパワーを使用できる)の投票数についてインタビューしました!

その結果、中国が一番ファンブーストの投票数が多いことが分かりました。2番目に多いのはフランス。日本はそこそこ・・・。だそうです。毎回データを取っているそうなので2ndシーズンでは、日本が一番多いよ!と言ってもらえるくらい、日本でのフォーミュラEの知名度が上がればいいなと思いました。

記念撮影も。とても優しい方でしたよ^^

最後にこのお二人とも写真を撮らさせてもらいました。

お二人ともとても気さくで、笑顔が素敵でした。ぜひ2ndシーズンも頑張ってほしいです!

貴重なお話が聞けたマスコミ説明会。今まで私は、フォーミュラEにあまり興味がなく、エンジン音がしないレースなんてつまらない!とさえ思っていました。

しかし今回のデモ走行と説明会に参加し、フォーミュラEの事が大好きになりました。モータースポーツ特有の大きなエンジン音がしないレース。しかし、静かなレースの中にも面白さはあります。エネルギーマネージメントによって変わるレース展開、全戦公道レース、ファンも参加できるファンブースト制度、レースを近くで見る事ができるなど楽しみがたくさん!どのモータースポーツよりも、ファンと一緒にレースを楽しみたい。という気持ちが感じられます。

2ndシーズンは、2015年10月17日中国の北京からスタートします。日本ではテレビ朝日で放送するので、ぜひ見てみて下さい。私も全戦チェックします!応援したいドライバーができたら、ファンブーストで投票してドライバーにパワーを送りましょう。更にレースを楽しめますよ^^

ファンブーストの投票方法はこちら→

http://www.tv-asahi.co.jp/formulae/fanboost/

そして、みんなでフォーミュラEを盛り上げ、日本でのレース開催が実現できればなと思います。

(yuri)

 

 

 

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ