新競技が発明!? ゲームみたいに点が出る次世代ドリフト競技

コラム Clicccar

セクター1は……9.9点。セクター2はきれいに決まったんじゃないの? 15.2点! 次のセクターは……。ちょっとこれは新感覚なんじゃないでしょうか? 車載映像を見ていると、まるでゲーム感覚。通過したセクターごとに点が出てきます。

これ、なにかっていうと『ドリフト天国ビデオ vo.96』で行われた「第1回峠ドリフトグランプリ」です。その中身は、ドリフト競技「D1グランプリ」で使われている機械審査システム「DOSS」を活用して、峠道でやったドリフト競技なんですね。

まぁ、エスケープゾーンがない峠道を猛スピードで走るっていうとラリーみたいなんですが、ラリーとちがうのは、ドリフト競技用の審査システムを使っているので、速さ以外にも「振り返しの鋭さ」や「ドリフトアングルの大きさ」「姿勢の安定性」なんていう要素が採点の対象になるわけです。そうやって総合的に走りを採点して得点が出る。

 

それとラリーほど長丁場じゃないので、アタックを1本ずつじっくり見ても楽しめます。「あ、フラついた」とか「やっぱりこういうところは4WDが速いな」なんて見ていてもなんとなくわかるところもいいですね。ラリーより見ていてわかりやすく、ドリフトよりスリリングで、ラリーとドリフトの中間っていうところでしょうか。で、それを映像で見ると、まるでゲームのような感覚。

面白かったのは、FR車、FF車、4WD車と、ぜんぜん駆動方式のちがう車両が参加しているんですが、意外と点数が近い。FR車は4WD車ほど速くないけどドリフトがきれいに決まるし、4WD車は速いけど角度が浅い。そんな感じで点数的にバランスがとれるんですね。マーチがそれに近い点をとってる理由はわからないけど。けっこう駆動方式を問わず戦える競技かもしれません。

 

これはちょっと新しい競技といえるんじゃないでしょうか? 今回は群馬サイクルスポーツセンターでやったけれど、GPSが受信できるところならどこでもできるそうなので、サーキットでやるとか、公道を閉鎖してやったりすることも可能みたいです。

 

まぁ、エスケープゾーンがない峠道を全開で走るので、ドライバーはそうとう怖いようですね。ぶつけた選手がガチで落ち込んでいるところなんかは一緒に泣けるかも!

 

この「第1回峠ドリフトグランプリ」が収録された「ドリフト天国DVD Vol.96」の購入は下のリンクからどうぞ!

ドリフト天国DVD Vol.96

価格:2000円+税
取扱:アマゾン http://www.amazon.co.jp/dp/4779626072
収録企画:第1回峠ドリフトグランプリ/2015 D1SL Rd.3 瀬戸内海/高橋邦明ドリフト講座 初級編

 

(まめ蔵)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ