“やっちゃえ NISSAN” 世界で最も過酷なゴルフ大会を開催!

コラム Clicccar

「挑戦」をテーマに8月22日から大々的なブランド戦略を展開中の日産自動車。

(出展 日産自動車)

矢沢永吉氏が登場する「“やっちゃえ” NISSAN」のCMが印象的です。

動画を見るにはこちら

そうした中、同社は「エクストレイル」のプロモーション企画として、世界最大級の過酷なゴルフトーナメント「X-TREME GOLF CUP 2015」を開催しました。

戦ったのは本年5月より募集を開始した公式サイトへの倍率100倍を超える応募者の中から、ゴルフスコア・経歴・参加への熱意などにより選ばれた精鋭3名。

茨城県の竜ヶ崎飛行場をスタート、千葉、栃木、宮城、岩手、青森の各県に設けられた、通常では考えられないロケーションで白熱の戦いを繰り広げ、完走した優勝者への賞品として「エクストレイル ハイブリッド」などが授与されました。

このトーナメントは、各所に設定された18ホールを4日間かけて走破する大規模なもので、既存のコースを一切使用せず、採掘場や渓流、工場跡、吊り橋、砂浜などの特殊なコースで「自然との戦い」をテーマにOBやロストボールは認めないなどの特別ルールを採用。

動画を見るにはこちら

余りの過酷さにリタイアも予想されたそうですが、結果3名全員が無事ホールアウト。

「選手」の域を超えて「戦士」となった3名の戦いは96時間に及んだといいます。

総移動距離約1,934km、総ホール距離6,013ヤードのこの過酷な戦いを制して優勝したのは神奈川県立横浜旭高校の元ゴルフ部部長で19歳の田澤大河(たいが)さん。

大会のコース移動で公式カートを務めたのは同社の本格SUV「エクストレイルHV」。

厳しい自然条件下で実施されたホールへ選手を運び、ハイブリッドならではの燃費の良さで長いラウンドを支えました。

過酷な自然に挑む本大会は、エクストレイルの「タフギア」としてのシーンを問わない走行性能を想起させる企画となったようです。

■X-TREME GOLF CUP 2015
http://www2.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/XTREMEGOLF/REPORT/

■競技コース
http://www2.nissan.co.jp/SP/X-TRAIL/XTREMEGOLF/COURSE/

Avanti Yasunori

【画像をご覧になりたい方はこちら】http://clicccar.com/2015/09/01/324375/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ