ありえない!ウェイトハンデ88kgのGAINER TANAX GT-Rが鈴鹿1000kmのGT300を制す!【2015SUPER GT】

コラム Clicccar

8月29、30日に鈴鹿サーキットで開催されたSUPER GT第5戦「2015 AUTOBACS SUPER GT Round 5 44th International SUZUKA 1000km」。

シリーズ最長の1000kmというレース距離は、5月の富士の2倍、岡山や菅生、オートポリスの3倍強、そして最終戦もてぎの4倍にもなります。それに伴いシーズンポイントもボーナスポイントが加算され、優勝は25ポイント。全てのチームが勝ちに行きたいというラウンドが鈴鹿なのです。

予選は前戦の富士300kmでもQ1トップタイムなど、最近めきめきと速さを見せてきた2号車シンティアム・アップル・ロータスがポールポジションを獲得。1分58秒248というコースレコードでのポールポジションで、マザーシャーシ採用モデルとしてはタイ戦でのVivac86に続き2度目となります。

そして予選2位は、なんと88kgというウェイトを積んだ10号車GAINER TANAX GT-R。予選後に千代勝正選手にインタビューしたところ「タイヤがはまったということ以外、全くわからない。とにかく乗れてた」というコメント。

そして予選3位は7号車Studie BMW Z4。ここまでが1分58秒台というとんでもないタイム。そして4位に61号車SUBARU BRZ R&D SPORT、5位に88号車マネパ ランボルギーニ GT3が入り、この上位5台が昨年のレコードタイムを上回ったのです。

8月30日の決勝レースはスタートから強く降る雨の中でのスタートとなります。

予選で強さを見せた2号車ロータス。スタートからホールショットを決め、その後もジリジリと後続車を引き離して行き、5周目頃には独走態勢を築き上げるほどの勢い。タダでさえ速かったのに加え、雨はミッドシップやリアエンジン車のほうが加速時に駆動がかかりやすく有利ということもあって、2位以下を大きくリード。

しかし序盤、セイフティーカーが導入されると、ピットクローズとなったにも関わらずガス欠症状のためやむなくピットイン。このときにペナルティーを取られ90秒のピットストップを食らってしまいます。

ここでトップは目まぐるしく移り変わります。88号車マネパ ランボルギーニ GT3が一時期トップに立ちますが、すぐに61号車SUBARU BRZ R&D SPORTにとってかわられ、その後ろにはStudie BMW Z4。このBMW、ホワイトラインカットによるドライブスルーペナルティーを克服して怒涛の追い上げを見せていました。

また、雨という状況下では先述の理由の通り、リアミッドシップ車が強さを見せ、21号車Audi R8 LMS ultraも一時期トップ争いにも加わる勢い。最終的に5位でフィニッシュ。

怒涛の追い上げといえば10号車GAINER TANAX GT-R。予選2位のポジションからスタートするもへビーウェットには実は弱いのか、アンドレ・クート選手はジリジリと順位を落とし最初のピットインで千代選手に代わる頃には23位までポジションダウン。そこから千代選手が怒涛の追い上げを見せていきます。

千代選手から富田竜一郎選手にドライバーチェンジする際、チームは大きな決断を行います。雨は上がるとの判断からタイヤをスリックにチェンジ。ここから本当の大反撃。

再びクート選手にドライバーチェンジする頃には、富田選手はなんと4位までポジションアップ!

そして最後のドライバーチェンジ、クート選手から千代選手に代わってから、我々は信じられない光景を目の当たりにしました。

トップのSUBARU BRZ R&D SPORTと2位のStudie BMW Z4が同時にピットイン。そしてほぼ同時にピットアウトするその背後。既に最後のピットインを終えたGAINER TANAX GT-Rの千代選手が迫ってきます。

タイヤの温まっていないBRZ、Z4を難なく抜き去り、首位にたった千代選手。抜かれたZ4も前を走るBRZに襲い掛かり2位に浮上。その後はフィニッシュまで2秒から0.0数秒という接近戦を繰り広げます。

そこにぱらついてきた雨。両車スリックタイヤのまま、西コースは本降り、東コースは霧雨のような状況で激しいバトルを続けます。条件はイーブンとも言える中、びっちりと抑えに抑えた千代選手の粘り勝ちでチェッカーを最初に受けたのはGAINER TANAX GT-R!

ウェイトハンデ88kgを積んでの優勝は、ありえない!のひとこと。

同じGT-RのB-MAX NDDP GT-Rが3周遅れの14位ということを考えると、ドライバー、特に千代、富田の両選手の凄さとチーム総合力の差と言えるような気がします。

次戦の菅生では138kgというウェイトハンデとなるGAINER TANAX GT-R。果たして強さを見せるのか。それともSutdie BMW Z4が雪辱を果たすのか。

次戦の2015 AUTOBACS SUPER GT Round 6 SUGO GT 300km RACEは9月19、20日の開催です。

(写真:吉見幸夫 文:松永和浩)

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ