街に似合うポップなカラーコーディネイトが目を惹くコンパクトSUV ─ ジープ「レネゲード」画像ギャラリー

コラム Clicccar

「アーバンサイズ。アドベンチャークラス」というコンセプトを掲げて日本に上陸を果たしたジープ・レネゲード。日本の狭い道路事情や駐車場事情でも取り回ししやすい短めの全長、そしてややワイドで高めの全高が採用されています。

ひと目でジープと分かるデザインでありながら、従来のブランドイメージからすると大きな変化を感じさせるエクステリアデザインは、1941年に誕生した初代ジープの「Jeep Willys(ジープ・ウィリス)」からインスピレーションを受けたそう。

ジープ伝統の丸いヘッドライトと7スロットグリルを採用し、ショートオーバーハングや台形のホイールアーチが印象的なフォルムは、伝統と新しい要素が巧みに融合されていて、ランドローバー(レンジローバー)がイヴォークでデザイン変革を起こしたのを思い起こさせます。

細部までこだわりが表現されていて、ヘッドライトやテールランプ、ルーフなどさまざまな場所に配置されている「X」のマークは、1940年代米軍がガソリン運搬用に使用した「ジェリカン」の表面に描かれたマークから由来しているなど、レネゲードのデザインテーマとなっているそうです。

最上級グレードの「トレイルホーク」にオプション設定されるルーフの「My Sky(マイスカイ)」は、ジープ・ラングラーのハードトップを基に開発され、フロント部分は電動で開閉可能、フロント、リヤともに取り外し可能。

前後パネルともに2.2kgと軽量なので簡単に取り外すことができ、オープンエアドライブを気軽に楽しめるなど、コンパクトSUVにはなかった仕掛けも用意。

インテリアデザインのテーマは「テクトニック(Tek-Tonic)」で、Jeepの世界観をベースに、快適さと機能性の融合を組み合わせたそうです。

外観の「Xマーク」や7スロットグリルなどジープならではのアイコンを、外観以上に多数採り入れ、「エクストリームスポーツ」からインスピレーションを得たディテールも特徴。

エアアウトレットやシフトベゼルにスキーのゴーグルやブーツ、そして、艶やかな色彩のカラビナからヒントを得てデザイン、カラーリングが施されています。

また、タコメーターのレッドゾーンは、ペイントボールゲームで被弾した際の塗料が飛び散った模様をイメージするなど、遊び心に富んだものになっています。

ボディカラーは、全グレードにブラック、アルパインホワイト、コマンド(グリーン)、コロラドレッドの4色を設定。

さらに、「オープニング・エディション」にはオマハオレンジ、「リミテッド」にはシエラブルー、「トレイルホーク」にはソーラーイエローと、グレードごとに専用カラーが用意されています。

■ジープ初のコンパクトSUV「レネゲード」は300万円を切るモデルも設定
http://clicccar.com/2015/09/04/325041/

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ