【ゆとり世代のチョイ乗り報告】これが真の姿!? 本領発揮の「MINI ジョン・クーパー・ワークス」に試乗!!

コラム Clicccar

突然ですが、ここでクイズです!! 「丸くて、小さくて、オシャレ」の三拍子が揃ったクルマとは?

そんなアバウトな情報でも、多くの方は「MINI」を真っ先に思い浮かべたのではないでしょうか? なかには別のクルマ(「フィアット・500」とか)を挙げる方もいるかもしれませんが…

クルマに関して詳しい方はもちろん、詳しくない人にも、その格好のインパクトが強烈な「MINI」。

多くの人の印象に残っている「MINI」といえば、1978〜2000年のいわゆるクラシックミニではなく、2001年にBMWのもとで復活したモデル。外出時に必ず目にします。

それほどまでにポピュラーな「MINI」も、2014年の現行モデルのデビューでルックスに大幅な変更がなかったことから、この新路線の定着が着実に進んでいるのが分かります。

見た目の印象だけでなく、実は走りも魅力的で、ゴーカートフォーリングと称されるダイレクト感あふれる走りも有名です。

また、多彩なバリエーションも特徴のひとつ。基本となる3ドアハッチバックに続いて、後席ドアを備えた「MINI 5ドア」、ボディサイズの拡大と観音開き式テールゲートを採用して実用性をアップした「クラブマン」など、様々な姿へと変身を遂げています。

では、今回登場した「ジョン・クーパー・ワークス」とは?

3ドアハッチバックという「MINI」の基本形はそのままに、走行性能を極限まで磨きあげたモデル。つまり「MINI」の真の姿なのです!!

真の姿となって、目の前に現れた「ジョン・クーパー・ワークス」。

まず目を引くのは、大きく口を拡げて立体感が増したフロントバンパーや、赤いラインが入ったメッシュグリル、風洞実験を経て開発された大型リヤスポイラーなどの専用パーツの数々。さらに、足元を飾るブレンボ製ブレーキ。

可愛らしさを残しているとはいえ、一部の隙すら感じさせない。強敵の予感……不敵に微笑みながらこちらの力量を測っているようです。

さっそく気を引き締めて室内に入ってみます。

メーターやドアパネルとドライバーの間隔がタイトなこととレイアウトは変わりませんが、ホールド性を高めたバケットシートや随所にあしらわれたレッドのアクセントなど「ジョン・クーパー・ワークス」ならではの装飾を見て触れていると、徐々に血が湧きたってきます。

そんな内外装の武装のほか、エンジンにも手は加えられていて、直列4気筒ターボは231ps/320Nmへと向上しています。エンジンを掛けると響く野太いサウンドは高性能車でお約束の演出ですが、エンジンの振動がボディとステアリングを通してドライバーに伝わってくるのがダイレクト感を掲げる「MINI」らしい。

車重は1280kgと軽いため、とにかく早い。ちょっと踏み込んだ瞬間に、ドンッという衝撃と豪快な排気音を伴って怒涛の加速を開始!! 組み合わされる6速ATがスピーディに変速し、グングンと車体を前へ前へと押し出していく。0-100km/hで約6秒、最高速度260km/hオーバーの実力は伊達じゃない。

ノーマルモードにあたる「MID」でこれなら、いったい「スポーツモード」はどうなってしまうのか?

シフトレバー後方のスイッチを左に傾けると「最高のゴーカートフィーリング」の表示とともにセンターメーターの外周が赤く点灯した……と思った瞬間、ギヤが1段下がり、排気音とステアリングの重厚感がさらに増し、再び背中を押す加速が。

サスペンションも引き締められ、路面の凹凸をガッツンガッツンと遠慮なく車内に伝えるものの、コーナーでの踏ん張りは別格でロールの類を一切感じさせずにコーナーをズバーッと駆け抜けていきます。

アクセルとステアリング、わずかなブレーキだけでクルマを操る感覚は、例えるなら“マリオカート”。アクセル全開でもコントローラーを傾けている方に進んでいってしまうような感じです。

クルマとしては独特な乗り味ですが、挙動変化など小難しいことを考えなくても思い通りに早く走れてしまるのです。むしろ、走る楽しさを伝えるには、これくらいシンプルかつストレートな方がわかりやすいかも。

個性的なルックスと、走りの楽しさを手軽に実感できる「MINI」。

とくにデザインは、近所への買い物からリゾート地まで、どんな場所でも自然と馴染み違和感を与えない上に、いまだに車格にこだわる方にも嫌味に思われる心配もなさそう。

今回はMINIの中のMINIである「ジョン・クーパー・ワークス」にチョイ乗りしたのですが、シリーズ中で最も刺激的なモデルというだけあって、価格はエントリーグレードの「ONE」の約2倍で、6速MTが398万円、6速ATが415万円。

正直、乗る前は「高っ!!」と思っていましたが、ダイレクト感に満ちた乗り心地は年をとってからでは関節たちが悲鳴を上げそう。

となると、真骨頂の「ジョン・クーパー・ワークス」から入って、ライフスタイルに合わせて色々なMINIを乗り継ぎ、“最も自分らしいMINI”を見つけ出す。そんな楽しみ方が「MINI」というブランドの真の姿なのかもしれないとも思った次第です。

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ