無料で電気自動車「e-NV200」を貸します!! 日産がアイデアを募集中

コラム Clicccar

電気自動車(以下EV)の「リーフ」を筆頭に、EVの普及促進とゼロ・エミッション社会の構築に向けての取り組みに力を注ぐ日産自動車が新たな事業をスタートしました。

今回発表された「電気自動車(e-NV200)活用事例創発事業」は、47都道府県の自治体を対象に「静粛性や給電機能を活かした各種作業車両としての活用」「災害時の蓄電池としての活用」「中山間地域でのガソリンスタンド減少対策」など、より良い街づくりのために、「e-NV200」の活用方法を提案した自治体に3年間無償で貸し出すというもの。

「e-NV200」の活用事例を積み上げて、それを全国に水平展開することでEVの更なる普及を目指すという狙いもあります。

そもそも、「e-NV200」とはどのようなクルマなのでしょうか?

簡単に言うなら「人・モノが沢山乗るEV」で、多目的商用バンの「NV200バネット」をベースに、EVの「リーフ」に搭載されるシステムを移植したモデルです。

EVで懸念されるのがバッテリーの搭載による室内空間の減少です。「e-NV200」の場合、移植するにあたって、バッテリーを小型化するとともにフロア下へ配置すること対応。ベースとなった「NV200バネット」と同等の空間が確保されています。

また、最大1500Wの電力を取り出せるパワープラグ(100Vコンセント)をフロントシートと荷室の2か所に用意。屋外イベントをはじめ、災害時の電源としても活用することができます。

航続距離は190km。例えば、決められたルートでの送迎などで強みを発揮します。電気料金の安い夜間に充電すれば、ガソリンエンジン車よりもランニングコストが安く済むのも魅力的です。

地方自治体の皆さん、これを機会にEVで良い街づくりに挑戦してみてはいかがでしょうか?

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ