スポーツハイブリッド「ホンダ・CR-Z」を大幅改良し、10月19日に発売!!

コラム Clicccar

ハイブリッドとスポーツという異色の要素を掛け合わせて話題を呼んだ「CR-Z」が大がかりなマイナーチェンジを受け、10月19日に発売されます。

今回の改良の見所は外観のブラッシュアップ。

デビュー当初から目を引く流麗なプロポーションはそのままに、フロントバンパーおよびグリル、リヤバンパー、サイドシルガーニッシュのデザインを刷新。よりダイナミックな印象を強めています。

また、アルミホイールもスポークの形状を直線から曲線へと変更されています。

細かな部分ではポジションランプのみに採用されていたLEDをヘッドライトとターンランプにも採用するなど、「CR-Z」の持ち味を引き立てる内容です。

ちなみに、外装色では新たに「プレミアムベルベットパープル・パール」と「ブリリアントスポーティブルー・メタリック ブラックルーフ」の2色が追加されます。

今回の改良では機能面の向上もポイント。

これまでエンジンの始動では、ステアリング横のダイヤルを回していましたが、改良モデルでは「プッシュエンジンスタート/ストップスイッチ」を採用。さらに、サイドブレーキがレバー式から電子制御式へと改められています。

これによってセンターアームレストを延長でき、シフトチェンジを楽に行なえるようになっています。ちなみに、内部には収納スペースも用意されています。

走りについても手が加えられており、リヤトレッドは10mm拡大し、サスペンションのダンパー減衰力とバネレートの見直しがなされ、より安定感のあるハンドリングを実現。

ブレーキディスクのサイズも15インチとなったほか、キャリパーピストン径、マスターパワーシリンダー径も拡大しており、ブレーキ性能も向上しています。

 

さらに、改良モデルでは走りの質感を上げる装備が新搭載されています。

それが「アクティブサウンドコントロール」です。従来から搭載されていた走行モード切り替え装置「3モードドライブシステム」に、モードに応じてエンジン音をスピーカー出力することで操る楽しさを演出する機構を追加できます。

このシステムには、さらに「アクティブノイズコントロール」も組み込まれており、走行中のノイズと逆位相の音をスピーカーから発して静粛性を高めます。

また、ナビゲーションもスマホでお馴染みの静電式タッチパネルを採用した「Hondaインターナビ+リンクアップフリー+ETC車載器」をメーカーオプションに設定。360Wアンプと7スピーカーにより臨場感のあるサウンドを楽しめる「ハイパワーサウンドシステム」も設定されます。

安全装備も30km/h以下での追突防止を支援する「シティブレーキアクティブシステム」に「サイドカーテンエアバッグシステム」などがセットになった「あんしんパッケージ」を設定されています。

 

改良モデルのグレードは全部で2種類。

「α(270万円)」を基本に、オレンジをアクセントにしたインテリアが目を引く「α・マスターレーベル(285万円)」を用意。

なお、「α・マスターレーベル」にはルーフがブラックとなる「2トーンカラースタイル(292万200円)」も設定。トランスミッションは全車ともCVTと6速MTが用意されています。

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ