伝説のラリーカーとスポーツ自転車から着想を得たコンパクトSUV ─ 日産・Gripz Concept 画像ギャラリー

コラム Clicccar

コンパクトなスポーツカー(クーペ)とSUVのクロスオーバー的なモデルといえば、日産ジュークを思い浮かべる人も多いでしょう。

フランクフルトモーターショーで世界初披露となった「Nissan Gripz Concept(ニッサン グリップス コンセプト)」も似たような着想に見えますが、新しいデザイン表現のコンセプト「エモーショナル・ジオメトリー」の特徴を有した全く新しいスタイルとのこと。

同コンセプトカーは、2015年3月のジュネー ブモーターショーで公開したコンセプトカー「スウェイ」(Sway)が欧州で初めて採用した4つの重要なデザイン要素と同じものを採用。

Vモーショングリル、フロント・リヤのブーメラン型ランプ、フローティングルーフ、キックアップCピラーがその4つ。

さらに、ツール・ド・フランスのロードレース用自転車のように一切の不要な装飾を排除したかのような「軽さ」と、ラリーカーが持つ「強さ」で、俊敏な印象をもたらしているそうです。

パワートレーンは、電気自動車の技術をベースにしたシリーズ・ハイブリッドEVシステム「Pure Drive e-Power」を搭載しています。

大容量モーターは日産リーフと同じで、最高出力80kW、最大トルク254Nmを実現。駆動に必要な電気はガソリンエンジンで発電。

「Pure Drive e-Power」には、日産がEV開発の中で培った様々な制御技術が統合され、圧倒的な静粛性と優れた燃費効率はもちろん、スムーズで素早いリニアな加速が可能も実現しているそうです。

外観では、ハイビームとロービームを搭載した長方形のライトに取り囲まれ、低い位置に取り付けられたVモーショングリルをメインとしたフロントマスクが印象的。

インテリアも個性的で、シートとセンターコンソールはレース用自転車のサドルからダイレクトにインスピレーションを受けたものだそう。

また、3スポークのステアリングホイール は、エクステリアのタイヤホイールをイメージしているそうで、タイヤのサイドウォールに使用した特注グラフィックも再現されています。

■日産のコンパクトクロスオーバー「Nissan Gripz Concept」は次期ジュークか?
http://clicccar.com/2015/09/16/327348/

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ