【東京モーターショー15】ついに日本デビューを果たす「C4 CACTUS」に注目のシトロエン

コラム Clicccar

独創的な装備やデザインを採用してきたシトロエン。今秋の東京モーターショーでは、「C4 CACTUS」、「GRAND C4 PICASSO 1st Anniversary」、「NEW C4」の3台を展示し、シトロエンが提供する創造性とコンフォート、テクノロジーを披露するそうです。

2013年のフランクフルトモーターショーで披露された「シトロエンC4 CACTUS」は、優れたデザインのクルマに与えられる「ワールドカー・デザインオブザイヤー2015」を受賞した注目の一台。

エンジンは1.2Lの直列3気筒「PureTech」で、5速ETG仕様は82ps/5750rpm、118Nm/2750rpm(欧州値)を発揮。

まさに現在のシトロエンを体現化したC4 CACTUSは、独創的なデザインとカラフルなボディでシトロエンのテーマでもある「BOLD(大胆)」、「OPTIMISTIC(楽観的)」を具現化。

エアバンプと呼ばれるサイドにデザインされた車両保護の樹脂や、車重1t前後という軽量ボディは「TECHNOLOGIE(先端技術)」を実用化したものだそうです。

また「旅すること」をテーマに掲げたキャビンは、「SMILE(笑顔)」と「WELL-BEING(幸福感)」が表現されているそうで、シトロエンらしくほかにはない空間に仕上がっています。

日本導入(6AT)は2017年の予定となっています。

さらに、2014年10月の日本導入から1年を迎えたグランドC4ピカソの限定車「GRAND C4 PICASSO 1st Anniversary」も出展されます。

7シーターの上級グレード「Exclusive」をベースに、ハーフレザーシートや電動テールゲートなどの装備が追加され、120台限定で販売。

エンジンは1.6ターボの直列4気筒DOHCで、6ATを搭載し、165ps/6000rpm、240Nm/1400rpm-3500rpmというスペック。

そのほかにも、今年9月にフェイスリフトされたシトロエンC4も展示されます。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■1.2Lの新エンジンと6ATを搭載!シトロエンC4がマイナーチェンジ
http://clicccar.com/2015/08/26/323238/

■エクステリアの変更で、精悍で引き締まった印象に─シトロエン「C4」画像ギャラリー
http://clicccar.com/2015/08/26/323250/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ