ボルボV40 T3が8ATから6ATに変更し、ATも大幅な軽量化を実現

コラム Clicccar

ATの多段化が進み、いまや8AT、9ATも多くのモデルに採用されています。タイプによっては多段化することで10〜16%もの燃費向上(ドイツZF製の場合)を図れるケースも出てくるそうですから、多段化万歳となりそうですが……。

その一方で多段化すれば、大型化、重量増にもつながる可能性が高く、小型、軽量化があらゆるパーツで求められている現代のクルマ作りとは相反する要素でもあります。

ボルボが採用しているアイシンAW製のオートマチックには、8ATもありますが、今回のV40 T3には6ATが組み合わされています。

V60に積まれている8ATとXC60に搭載されている従来型6ATよりも約16%、重量にして約15kgも軽量化された新6ATは、重量80kgと8ATの94.9kg、従来型6ATの95kgと比べても大幅に軽くなっているのが分かります。

またV60の6速DCTと比べても、新6ATは約11kg軽くなっています。8ATも6ATもシフトショックもほとんど感じられず、フィーリング的には6ATでも何ら不満ありませんから、あとは燃費がどうなるか。

また、8ATから6ATになることでどれだけコストカットになるか分かりませんが、普通に考えると少ない方が安くすみそう。

トランスミッションによる燃費の差は公表されていませんので、従来型のV40 T4(1.6L直噴ターボ+6DCT)の16.2km/Lと、新6ATを積んだV40 T3の16.5km/Lを比べると0.3km/Lですが新6AT搭載モデルが上回っています。

もちろん、エンジンそのものが違いますし、8ATと6ATの比較も手元にあるデータでは車種が違いますので単純な比較はできませんが、先述したように少なくても6ATでもフィーリング的には問題ありませんし、Dレンジで走っている分には何速のATなのかほとんど分からないでしょう。

また、V40 T3はATだけでなく、車両重量(公表値)でも大幅に軽くなっていて実際の走りからも感じられます。

V40 T3の前軸重は910kg、後軸重は570kg、車両重量は1480kg。ディーゼルのV40 D4は前軸重が960kg、後軸重は580kg、車両重量は1540kg。

2.0Lガソリンターボを積むV40 T5は、前軸重が930kg、後軸重は580kg、車両重量は1510kgです。

軽さはフットワークや乗り心地だけでなく、燃費にも直結しますから、軽さを武器にしたV40 T3はこの点からも「ベストV40」といえる仕上がりになっています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

■軽やかな走りが魅力の「V40 T3」はダウンサイジングターボの1.5L直噴4気筒を搭載
http://clicccar.com/2015/09/28/329592/

■ボルボのエンジン戦略とV40「T3」の走行モードによる違いとは?
http://clicccar.com/2015/09/29/329658/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ