メルセデス・ベンツ「C220d」は尿素水を用いるディーゼルエンジンで登場!

コラム Clicccar

真っ先にニューモデルに触れられるだけでなく、開発に携わった方や経営者に直接話を伺える貴重なチャンスである新車発表会はテンションが上がります↑↑

今回ワタクシが参加したのは、メルセデス・ベンツの中核モデル「Cクラス」に新たにディーゼルエンジンを搭載する「C220d」の発表会。

発表の舞台となったのは、メルセデス・ベンツの六本木にブランド発信地としてオープンしたメルセデス・ベンツ コネクション。最新モデルの展示・試乗やグッズ販売をはじめ、カフェやレストランも併設されているのが特徴。ディーラーとは違って、食事などを通してブランドに触れられる場所として人気を得ています。

今回発表された「C220d」は、昨年にフルモデルチェンジされた「Cクラス」にディーゼルエンジンを搭載したグレード。

2.2L 直列4気筒エンジンには、ピエゾインジェクターを用いた最新のコモンレールシステムと2基のターボチャージャーが組み合わされ、最高出力は170ps/3000-4200rpm、最大トルクは40.8kgm/1400-2800rpmを発揮します。

ラインナップ上では「C200」と「C250」の中間にあたり、セダンは559万円、ステーションワゴンは595万円〜。ちなみに、ガソリンエンジン搭載モデルとの違いはリヤエンブレムに留まります。

気になる排ガス処理については、尿素水溶液の噴射とフィルターによる化学反応を利用し、窒素化合物(NOx)を削減する方法を採用。

尿素水溶液の交換の目安は約2万4000kmで、指定の検査に併せて行なわれるとのことです。

かねてからディーゼルの投入がアナウンスされていた「Cクラス」ですが、「C220d」のデビューが遅れた理由として挙げられたのが9速ATの採用でした。

「Cクラス」と9速ATの組み合わせは「C220d」が日本に限らず、なんと世界初!! 従来の7速ATよりも1つのギヤが担当する幅を狭めることで、エンジン回転数の上昇による音の高まりを抑えることに成功。燃費も「Cクラス」で最良の20.3km/Lを記録し、エコカー減税は免税、クリーンエネルギー自動車補助金の対象でもあります。

日本ではクルマに静粛性と低燃費を求める声は多く、とくに走行時のガラガラ音が気になるディーゼルエンジンにこそ、この9速ATを搭載してから導入したかったようです。

 

発表後には早速「C220d ステーションワゴン アヴァンギャルド」に試乗できました。

15分ほどと短く、ディーラーでの試乗程度でしたが、ディーゼルエンジン特有の音や振動はアイドリングから加速にいたるまで見事に抑え込まれているのを体感。とくに振動は、ケータイのバイブよりも少ない振動が足元にのみ伝わるレベルでした。

ボディシェルの50%にアルミニウムを用いた軽量ボディとの相性も良く、スムーズに車体を前へ押し出していきます。しかも、アクセルを踏み込んでもドンッと突然加速することなく、非常に滑らかに加速。ただ、4000rpmほどで加速の勢いが少なくなる点を気にする方もいるかもしれません。

ゆったりとストレスのないクルージングを楽しみたい方にオススメです。

(今 総一郎)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ