2015年ジャパンカップサイクルロードレースをスバルが特別協賛

コラム Clicccar

スバルは2015年10月17〜18日に開催される、2015ジャパンカップサイクルロードレースに特別協賛し、レヴォーグをはじめスバル車約50台をレース運営に使われる大会車両として提供することになりました。

ジャパンカップはツールド・フランスなど本場欧州の自転車ロードレースで活躍する世界トップクラスの選手が出場するUCI(国際自転車競技連合)公認の大会で、ワンデイロードレースとしてアジアで唯一開催されている、最上位カテゴリーに位置する自動車ロードレースです。

レヴォーグをはじめとするスバル車は高い走行性能とユーティリティを評価され、国際の主要な自転車ロードレース大会でチームカー、審判車などの大会車両に多く使用されていますが、このジャパンカップにおいては21年前から大会をサポートしています。

高低差が多く。山岳ステージを含んだ151.3kmを激走する今年のジャパンカップ。レースをする選手だけでなく、大会車両やサポートカーとして活躍するスバル車にも注目です。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ