スマホ充電に対応!ヤマハが電動アシスト自転車の新ブランド「YPJ」の第一弾を発売

コラム Clicccar

ヤマハ発動機は、電動アシスト・スポーツ自転車ブランド「YPJ(ワイピージェイ)」を新たに立ち上げ、第一弾として電動アシスト・ロードバイク「YPJ-R(ワイピージェイアール)」を2015年12月10日より発売すると発表しました。

新ブランドのYPJは、スポーツ自転車の長所と電動アシスト機能のメリットを融合させた新感覚の電動アシスト自転車を象徴するもので、新発売のロードバイクYPJ−Rは、軽さと高い走行性能を備えたことが特徴になっています。

 

 

YPJ−Rに搭載されているドライブユニットは、プレジャーニーズの高い欧州市場で好評を得ている小型のドライブユニット「PWシリーズ」を搭載しています。

ヤマハ製の電動アシスト自転車の中では最軽量となる約15kgの車体重量を実現し、アシストのない領域でもスポーツ自転車としての快適な走行が可能な設計になっています。メインコンポーネントには、前2段×後11段の本格スポーツグレードSHIMANO 105を採用しています。

新開発の小型バッテリーは、走行時以外には付属のUSBアダプターによりスマートフォンなどの電子機器の充電用電源として使用することができます。充電器は携行を想定したコンパクト設計で、ハンドル中央部のスイッチユニットにはマイクロUSBポートを装備しており、別売のライトやスマートフォンなどの電子機器への給電が可能となっています。

発表されたデータによるとバッテリーの容量は2.4Ahで、約1時間の充電でHIGHモードで約14kmの走行距離を電動アシスト可能となっています。

充電器は携行を基本に考えているようですが、野外での充電のために自動車のシガー・ソケットからの給電ポートが備えられていると、なお便利かなと思います。今後のバージョン・アップの際には、ぜひ考えてほしい点です。

(山内 博・写真:ヤマハ発動機)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ