【東京モーターショー15】スズキ・マイティボーイの復活? 4台もの世界初公開に期待!!

コラム Clicccar

2015年10月30日より一般公開の始まる第44回東京モーターショー。会場は東京ビッグサイト、その開幕まで一か月を切りました。

その東京モーターショーに、4台の4輪コンセプトを世界初公開するという力の入ったスズキの出展内容が発表されています。

ブーステーマは「SUZUKI NEXT 100」というもの。2020年に創立100周年を迎える同社の、次の100年に向けた数々の提案を示す東京モーターショーとなっています。

4台の世界初公開コンセプトカーは次の通り。

ライトトラックスタイルの軽自動車『マイティデッキ』

ラウンジ感覚の3列シートミニバン『エアトライサー』

小型クロスオーバーモデル『イグニス』

ラフロードを意識した『イグニス トレイルコンセプト』

また、日本初公開としてはフランクフルトショーでワールドプレミアを飾った『バレーノ』が出品されることになっています。

軽自動車の規格が排気量550ccだった時代、スズキには「マイティボーイ」というFFのボンネット付きライトトラック というレジャーモデルがありました。

東京モーターショーで世界初公開される「マイティデッキ」は、自動昇降のオープンデッキとキャンバストップというアウトドアレジャーで活躍しそうなプロフィールの軽自動車コンセプト。コンセプトは「アーバンアウトドア」、相反する2つのファクターを自在に行き来するキャラクターが魅力となっています。

前後スライドドアを持つ3列シートのミニバンコンセプト「エアトライサー」は、コの字型のラウンジモードのシートアレンジやスマートフォンと連携する大画面モニターなど駐車時にも仲間や家族で楽しめる空間を生み出すコンセプトを提示します。

スズキファンには懐かしい「イグニス」という名前が復活です。かつてスズキのハンガリー工場で作られ、JWRC(ラリー)でも活躍した名前がコンセプトカーとして蘇りました。

海外ショーにおいてiM-4という名前で発表されたデザインスタディの、市販バージョンといえるモデル。余裕のロードクリアランスとキビキビとした走りが期待できるルックスは、まさしくコンパクト・クロスオーバーの新ジャンルを提案します。

その「イグニス」をベースに、さらに大径タイヤやフェンダーアーチモール、ルーフレールなどによりSUVテイストを強めたのが「イグニス トレイルコンセプト」です。

また、ボディ各部に入れられた赤いさし色は、SUVバージョンだけでなく、ホットハッチ的な展開があることも予感させるものとなっています。

さらに注目は、2015年10月15日に発表予定の新型エスクード。

 

いかにもスズキの四輪駆動モデルらしいルックスは、エスクードという名前に相応しいもの。その中身や価格など、詳細の発表が待ち遠しいモデルも、東京モーターショーでは間近に確認できることでしょう。

(山本晋也)

【関連記事】

スズキの新コンパクトカー「バレーノ」はハイブリッドもあり【フランクフルトショー2015】
http://clicccar.com/2015/09/16/327172/

【動画】スズキの1.0リッターターボ車は全長4m、全幅1.9m【ジュネーブモーターショー2015】
http://clicccar.com/2015/03/05/296636/

スズキがジュネーブショーに送りこむ謎だらけの新型車2台
http://clicccar.com/2015/02/07/292495/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ