フォレスターがビッグマイナーチェンジでLEDヘッドランプを含む安全装備を大幅強化

コラム Clicccar

本格SUVがフォレスターの姿であると定義するスバル。今回のビッグマイナーチェンジでは、安全性能や乗り心地の向上などを図っています。

装備面の注目は、「アイサイト」を「バージョン2」から「3」にアップデートし、レヴォーグやWRXなどに搭載されている「アドバンスドセイフティパッケージ」をアイサイト装着車にメーカーオプションで用意。

さらに、スバル初となるLEDハイ&ロービームランプ、ステアリング連動ヘッドランプを採用。

「アドバンスドセイフティパッケージ」をおさらいすると、アイサイトでの前方検知に加えて、レーダーで後側方の検知をするもの。斜め後方の死角検知機能、車線変更支援、後退時支援からなります。

LEDハイ&ロービームランプ、ステアリング連動ヘッドランプは、1灯でハイビームとロービームの切り替えが可能なバイファンクションプロジェクターを新たに採用し、ハイビームもLEDで照射することで夜間の視界を確保。

ステアリング連動ヘッドランプは、ステアリング操作に合わせて光軸を左右に動かすことで、コーナーや交差点などで車両進行方向をワイドに照らすもの。

ほかにも、スバル初のアダプティブハイビームも搭載されています。ヘッドランプに内蔵されたロータリーシェードを使い、ハイビームの照射範囲を無段階調整するアナログな機構ですが、とくに郊外などでは重宝しそう。

さらに安全装備では、SRSサイドエアバッグとSRSカーテンエアバッグを標準装備するなど、スバル最新の技術を含めて「全部のせ」といえる充実ぶりが目を惹きます。

ビッグマイナーチェンジを受けたスバル・フォレスターは東京モーターショーでも披露されます。現時点では予価ですが、2.0i(6MT)の214万9200円〜2.0XT EyeSightの312万8760円。売れ筋になりそうな2.0i-L EyeSightは268万9200円で、取得税が40%、重量税が25%軽減されます。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ