パーク24とトヨタ、東京都内でパーソナルモビリティシェアリングの実証実験を実施

コラム Clicccar

パーク24とトヨタは、パーソナルモビリティ「TOYOTA i-ROAD」およびトヨタ車体製「COMS」を使用して東京都心部(千代田区・中央区・江東区など)を中心にシェアリングサービスの実証実験を実施すると発表しました。

今回の実証実験はパーク24が展開する「タイムズカープラス」のサービスと、トヨタが提唱する低炭素交通システム「Ha:mo(ハーモ)」を組み合わせた、新シェアリングサービスとして「Times Car PLUS × Ha:mo(タイムズカープラスハーモ)」と名付けられており、2015年10月20日から2016年3月末までの約6ヵ月間にわたり実施されます。

本実証実験は、大都市におけるワンウェイ(乗り捨て)・近距離用途の需要について、商業施設等の目的地への直接移動や公共交通との連携利用、ビジネスシーンでの利用など、あらゆる利用ニーズに適応可能なシェアリングサービスとして、その有用性を検証するものです。

使用車両は従来の「TOYOTA i-ROAD」の5台に加え、新たに25台の「COMS」を方向ワンウェイ(乗り捨て)型としてシェアリングサービスを運用する、ということです。

また、トヨタが新しく開発した「Ha:mo」用車両管理システム「OMMS/2(One Mile Mobility Management System/2)」を初めて採用することも目新しい。BLEビーコン受信に対応するスマートフォンの利用者は、会員カードの代わりに、車両に設置された車両ビーコンにスマートフォンでタッチを行いキーロックの開錠・施錠ができるサービスを提供する予定です。

パーク24とトヨタは、本実証実験を通して、新しい都市型交通ネットワークを構築し、自由な移動の提供、低炭素で快適な都市・まちづくりに貢献していきたい、としています。

(山内 博・写真出典:トヨタ・グローバル・ニュースルーム)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ