日産セレナが「JNCAP予防安全性能評価」で最高評価の「先進安全車プラス」を獲得

コラム Clicccar

登録車の中でも根強い人気を誇る5ナンバーサイズのミニバン。

新型ステップワゴンが登場し、同クラスでは圧倒的なセールスを誇るノア/ヴォクシー/エスクァイアが鎮座しています。そろそろ次期セレナの発売時期も気になるところですが、次期型の登場にはもう少し間がありそうです。

現行のセレナは、同クラスでいち早く衝突回避・被害軽減ブレーキを採用し、安全装備でライバルをリードしてきました。

さらに今回、平成27年度の「自動車アセスメント(JNCAP)」の予防安全性能評価で、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得しました。

この「自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価」は、国土交通省と独立行政法人の自動車事故対策機構(NASVA)によるテスト(評価)。

衝突が避けられない場合に自動でブレーキをかける技術などの先進安全技術を搭載した安全性能評価で、平成26年度よりスタートしています。さらに、平成27年度からはバックビューモニター(後方視界情報提供装置)の評価も実施されています。

現行セレナには、エマージェンシーブレーキやLDW(車線逸脱警報)といった安全装備を標準化し、「アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付)」や「踏み間違い衝突防止アシスト」も設定されています。

セレナの「エマージェンシーブレーキ」は、フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知し、衝突の可能性が高まるとメーター内の警告灯やブザーによりドライバーに回避操作を促すシステム。

約10〜80km/hの範囲で作動し、約30km/h以下で衝突回避の能力があります。なお、停止している車両や歩行者に対しては約60km/h以上では作動しません。「LDW」は、フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、走行車線から逸脱しそうな場合、メーター内の警告灯とブザーで注意を喚起するシステムで、ブレーキやステアリングのアシストなどによる車線維持機能は用意されていません。

「アラウンドビューモニター(MOD[移動物検知]機能付)」は、クルマを上空から見下ろしているかのような映像により、直感的に周囲の状況を把握できるシステムです。

これらの装備より、自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価の最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」獲得に寄与。

なお、日産車での「先進安全車プラス(ASV+)」の獲得は、平成26年度評価における「スカイライン」、「エクストレイル」、「ノート」に続く4車種目です。

現行セレナは日産の人気車種であり、第三者機関による高い安全性への評価は歓迎したいものの、セカンドシート中央席のヘッドレストの装備(現行型はなし)など、肝心な点も忘れて欲しくないものです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■2種類ある日産の「エマージェンシーブレーキ」の方式は?
http://clicccar.com/2015/06/24/313068/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ