価格は2858万円!レンジローバーの2016年モデルに「SVAutobiography」を追加

コラム Clicccar

超が付く高級SUVの中でも、伝統やブランド価値で圧倒的な存在感を誇るレンジローバー。

2016年モデルのラインナップと価格が発表され、10月1日から発売されています。

2016年モデルのレンジローバーの主な変更点は、「ハンズフリー・パワーテールゲート」を全車に標準装備、ボディカラーに新色の「ワイトモ・グレイ、カルパチア・グレイ」の追加、インテリアカラーの変更、画質を向上させたリヤビューカメラとサラウンドカメラシステムを採用、「SVO」が手掛けた最上級モデル「SVAutobiography」の追加となっています。

最大の目玉は「SVAutobiography」の追加で、「SVO」とはジャガー・ランドローバーが誇る「スペシャル・ビークル・オペレーションズ」の略。

スペシャル・オペレーションズ部門であり、エンジニアリングとビークル(車両)を担当するチームとのこと。

SVOが手がけた「SVAutobiography」は、最高出力550ps、最大トルク680Nmまで引き上げられた5.0LのV8スーパーチャージド・エンジンを搭載。

専用デザインのフロントグリル、22インチのアロイホイールなど、ランドローバーにふさわしく、ラグジュアリーかつパワフルな外観も特徴です。

また、リヤバンパーの下で足先を動かすだけでテールゲートが開くハンズフリー・パワーテールゲートを標準装備。

ほかにも、耐久性の高いアルミニウム・フレームと オックスフォード・レザーを採用した高級感のあるイベントシートをオプションで設定。

レンジローバーの2016年モデルは、340psの「3.0 V6 SUPERCHARGED VOGUE(ヴォーグ)」が1339万円、380psの「3.0 V6 SUPERCHARGED VOGUE」が1452万円、「5.0 V8 SUPERCHARGED VOGUE」が1617万円、「Autobiography」が1806万円、380psの「3.0 V6 SUPERCHARGED VOGUE Long Wheelbase」が1515万円、「Autobiography Long Wheelbase」が1900万円、そして「SVAutobiography」が2858万円となっています。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ