スバル・XV/XVハイブリッド大幅改良の4つのポイント

コラム Clicccar

多くの立体駐車場を利用できるよう全高1550mmに抑えた都市型SUVのスバルXV/XVハイブリッドが2015年10月6日に大幅な改良を行い、10月28日の東京モーターショーで正式発表されます。

2014年11月の一部改良では燃費性能や静粛性の向上。そして足回りの大幅な進化を行ったスバルXV/XVハイブリッドですが、今回はスポーティ&カジュアルをテーマとするXV/XVハイブリッドの内外装のデザイン変更、アイサイトをはじめとする安全性能の向上そしてボディカラーに新色を追加という大きく4つの変更を行っています。

エクステリアではヘッドライトをよりシャープな形状にするとともに、ヘッドライト内のコの字型のアクセントを延長そしてホワイトバルブ化を行いました。さらに、フォグランプ周りにL字型のクロームメッキアクセントを追加することで、フロントマスクをシャープに引き締めるだけでなく、ワイド感と低重心を表現しています。

また、ガソリン車にはよりスポーティ感溢れる新デザインの17インチアルミホイールを採用しています。インテリアでは、ピアノブラック調パネルや金属調アクセントで上質感を選出するとともに、随所にオレンジステッチを施し、XVらしい遊び心のある仕様としました。

安全性能では、レヴォーグやレガシィなどで採用されている先進安全装備「アドバンスドセイフティパッケージ」を展開し、スバルリアビークルディテクション(後側方軽快支援機能)により、死角検知機能、車線変更支援、後退時支援を行います。

そしてルームミラー一体型の単眼カメラを差新採用することで、先行車や対向車を検知して、ヘッドライトのハイビームとロービームを自動で切り替えるハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)を搭載しています。

さらに、SRSサイドエアバッグ&SRSカーテンエアバッグを全車標準装備とするなど、総合安全性能を強化しています。

最後にボディカラーはハイパーブルーとダークブルー・パールの2色の新色を追加し全9色を用意しました。車両本体価格はガソリン車のXVが228万9600円〜259万2000円。XVハイブリッドが257万400円〜286万2000と変更前とほぼ据置の価格となっています。
デザイン変更と安全性能の充実によってXVの魅力は一段とアップしたと言えるでしょう。

(萩原文博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ