大人の社会科見学!スバルの工場見学が激アツだった【SUBARU Active Life Square】

コラム Clicccar

クルマを通じてアクティブに趣味やスポーツなどをたのしみ、人生を豊かにすることを応援するプログラム「SUBARU Active Life Square(スバル アクティブライフ スクエア)」。

これまで、様々な参加型プログラムを実施していますが、9月22日に「スバルスピリットに触れる!工場見学ツアー」と題し、富士重工業 群馬製作所を見学するツアーが実施されました。

このイベントは事前に募集された48名がスバルの工場を見学するというもの。2257組4528名の応募があり、約100倍という応募数にはスバルの関係者も驚いたそうです。

今回実施された工場見学ツアーのコンセプトは「大人の工場見学」。小さな子供はもちろん、大人でも楽しめちゃう工場見学の内容となっていました。

今回のツアーでは、通常行なわれている見学コースとは別に、イベント用の特別コースが組まれました。

工場見学の前にはスバルの歴史や向上の沿革についての説明を群馬製作所の大河原所長から画像などを交えながらわかりやすく解説。

さらに、参加者へサプライズとして、衝突試験を特別に見学。一般の参加者が目の前で見ることは稀で、取材に訪れたメディア関係者も初体験の人が多かったようです。

衝突試験といえば、自動車メーカーのなかでもトップシークレットに分類される部署で、こうした場所を見学できるのは参加者にとっても貴重な体験だったといえるでしょう。

見学中に実施された衝突試験には輸出仕様のBRZを使用。64km/hで試験用のハニカムバリアに40パーセントのオフセットで衝突。乗車しているダミー人形には運転席にAM50と呼ばれる平均体格の男性をモデルとしたもの、助手席にはAF05と呼ばれるかなり小柄な女性の体格を持った人形を使用。

衝突の瞬間を見学したあとは、衝突直後のテスト車両に触れたり、関係者に直接質問をする時間などが与えられました。これもかなり貴重な機会だったといえるでしょう。

衝突試験のほかにも、通常のクルマの製造工程も見学。トリムラインと呼ばれる、ボディの骨格にエンジンやサスペンション、内装などを次々と組み付ける工程のほか、鉄板からフェンダーやドアなどを作り出すプラスラインまで見学コースに組まれていました。

トリムラインの見学には、VIP用の見学車両を使用。富士重工業の吉永社長も見学の際に使用したといわれるプラグインステラをベースにした見学専用EVで、実際の製造工程を解説付きで見学しました。

ほかにも、矢島工場内にある見学施設「スバルビジターセンター」も見学コースに組まれ、参加者は群馬製作所で生まれた様々なスバルの名車やスバルの最新テクノロジーをカットボディなどでじっくりと学ぶことができたようです。

見学の締めくくりにはスバル商品企画本部デザイン部石井部長から、現行スバル車におけるデザインアイデンティティやこれからのスバルが目指すデザインの方向性などが語られました。

ほかにも、工場関係者によるQ&Aのコーナーなど、通常の工場見学では体験できない貴重な時間も多く盛り込まれました。

参加者にはスバルオーナーはもちろん、他社のクルマに乗るユーザーも多く参加。他の自動車メーカーの工場見学を体験したことある参加者も「内容が充実していた」「いままで様々な工場を見学したが、ここまで満足度の高い工場見学ははじめて!」という声も聞かれました。

通常の工場見学でも、普段目にすることのできない部分が多い中、今回のツアーでは特別に用意されたコースも組まれたことで、かなり充実した内容となっていました。次回の開催は未定とのことですが、このツアーはぜひともまた開催してほしいと感じるツアーでした。

スバル アクティブライフスクエアでは、このほかにも様々なイベントを実施。クルマやモータースポーツだけでなく、アウトドアやスポーツ関連の参加型イベントも多数展開しています。

もちろん、イベントの提案などもサイトや専用アプリから受付中!あなたのアイデアがイベントとして実施されるかもしれません。是非オフィシャルWEBサイトをチェックしてみてはいかがでしょう?

スバル アクティブライフ スクエア オフィシャルWEBサイト
http://www.subaru.jp/lifeactive/

スバル アクティブライフスクエア 専用アプリ
http://www.subaru.jp/appli/lifeactive/

(井元 貴幸)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ