【東京モーターショー15】トヨタの小型FRクーペ・コンセプトが初公開

コラム Clicccar

2015年10月30日から一般公開の始まる第44回 東京モーターショー。2年に一度の自動車業界のお祭ともいえる大イベントは、今回も東京ビッグサイトにて開催されます。

その東京モーターショーにおいて、トヨタが世界初公開するコンセプトカー「S-FR」の情報を公開しました。

テーマは『日常の中から操る喜びを再発見できる、ライトウェイトFRスポーツ』。

全長3990mm、全幅1695mm、全高1320mmという、いわゆる5ナンバー(小型車)サイズ。それでいながら、ホイールベース2480mmと長く、4名乗車が可能なパッケージングとしているのが日常性の一端を示しているようです。

ネーミングがアピールするように駆動レイアウトはフロントエンジン・リヤドライブ。トランスミッションは6速MTで、日常からスポーツドライビングが楽しめるようになっているといいます。

いかにもFRスポーツらしい、ロングノーズのプロポーションですが、丸みを帯びた前後の意匠はカリカリのスポーツではない親しみやすさも感じさせるというのがコンセプトのひとつ。

そのロングノーズは、フロントミッドシップに配置するパッケージを実現するためで、前後重量配分は50:50になっているということです。

(山本晋也)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ