ボルボ・D4/T5のエンジンのパワーアップができる「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」の走り

コラム Clicccar

ボルボカーズの傘下になったポールスターは、ボルボのレース活動をはじめ、市販車のカスタマイズも担う部門。

市販車ではメルセデスの「AMG」やBMWの「M」のようなスポーティな仕様を送り出しています。

今秋からボルボのディーゼルエンジンである「D4」、ガソリンエンジンの「T5」搭載車向けに設定されたのが「ポールスター・パフォーマンス・パッケージ」で、既存のモデルをROMチューンするもの。

ROMチューンのサービスは2012年から発売されていて、ガソリン仕様であるT4、T6エンジンにはすでに設定されていますが、今回新たにボルボの自社製エンジンである「Drive-E」パワートレーンの「D4」、「T5」向けに専用プログラムを開発。

発売から好評だというクリーンディーゼルの「D4」エンジンでは、最高出力を 10psアップの200psに、最大トルクはなんと40Nmも増強され440Nmへと大きく向上しています。

ガソリンの「T5」エンジンでは、最高出力は8psアップの253psに達し、最大トルクは50Nmアップの400Nmへと向上。

今回試乗したのは、「D4」のディーゼルを積むボルボV40。

ノーマル仕様でも十分パワフルな走りを堪能できますが、今回の試乗ステージの箱根ターンパイクで走らせると圧倒的といえるほどトルクフルで、急な上り勾配を何のストレスもなく駆け上がっていきます。

パワーも10psも上がっているだけあって高回転域のパンチ力も申し分なく、元から十分な速さを披露するV40ディーゼル仕様をまさにスポーツカーに仕立てたかのような加速感を堪能できます。

価格は作業工賃のみで18万8000円。先述したようにV40 D4エンジンの場合、ノーマルでも何ら不足のない動力性能が確保されていますが、もう一段スポーティな走りをお望みなら気軽にできるチューンナップですから検討する価値大といえるでしょう。

(文:塚田勝弘・写真:小林和久)

【関連記事】

■ボルボV40のディーゼル仕様は速くても燃費も上々!
http://clicccar.com/2015/07/23/318914/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ