【関西 ものづくりワールド2015】カネカが自動車用樹脂材料で自動車業界にアピール

コラム Clicccar

総合化学メーカーのカネカが、大阪市のインテックス大阪で10月7日〜9日に開催された「関西 ものづくりワールド2015」で、同社の自動車用樹脂材料を自動車業界へアピールしました。

今回、同社が展示した自動車用樹脂材料は「カネカ ハイパーライト(登録商標:以下省略)JP」と「カネカ ハイパーライトHP」の2種類です。

まず、ハイパーライトJPは、外装部品に適した射出成形用樹脂材料で、高耐熱・高剛性・低線膨張性を備えています。特に高流動性グレードの樹脂は、部品の薄肉化を実現でき、軽量化に貢献できます。

今回、通常の樹脂では厚さ3ミリに成形される部品と同形状の部品を、ハイパーライトJPで厚さ2ミリに薄肉化したサンプルを展示しました。これにより、たとえばスライドレールカバー等、金属製の部品を樹脂化することができ、自動車メーカーで採用が広がっています。

一方、ハイパーライトHPは熱伝導性を備えた樹脂で、金属代替、軽量化を実現します。このハイパーライトHPは、放熱性が必要な部品に最適で、世界で初めて自動車用LEDソケットの放熱用樹脂材料に採用されました。

最近の自動車では、外装部品を樹脂化することが増えているので、同社の樹脂材料が自動車業界に貢献できる機会も多いと感じました。

(山内 博)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ