【東京モーターショー15】世界初公開、日本が世界に提案するコンセプトカー!

コラム Clicccar

いよいよ書店に「2015年 東京モーターショーのすべて」が並びました。この本を書店で手にすると、2年に一度しかないモーターショーの実感が沸いてきますよネ。

今回も、日本が誇る最新技術と独自の個性を融合した全く新しいコンセプトカーが目白押しです。

そこでここでは、日本メーカーが世界に提案する【世界初公開】のコンセプトカーを紹介したいと思います。

まず筆者的に今回最大の目玉なのが、トヨタ86の弟分として開発が進められてきたコンパクトFRスポーツカー「S-FR」です。

凛としたハンサム系ではなく、芯は強いが愛嬌も感じさせる丸いデザインが特徴で、まさしくヨタハチことトヨタS800の再来ですヨ!

ボディは全長4mを切り、パワーユニットには直4(1.5Lとの噂)と6MTを搭載。今こそ、こういうリーズナブルなクルマを送り出して欲しいと切に願う次第です。

マツダからは、遂に待望のロータリーエンジンを搭載した「マツダ スポーツ コンセプト」が出展されます。

ただ公開されたボディデザインはイメージイラストに留まり、エンジンもまだスペックは公開されていません。

しかしマツダは、世界で唯一のロータリーエンジンを、誇りを持って開発し続けているのですネ。スカイアクティブテクノロジーによって、ロータリーがどのように生まれ変わったのか、期待大です!

水平対向エンジンを搭載するスバルは、「インプレッサ 5ドア コンセプト」を発表します。

こちらもイメージイラストですが、スバル次世代デザインや全く新しいプラットフォーム「スバル・グローバル・プラットフォーム(SGP)」を採用して、新生スバルの第一弾として登場するとのこと。

SGPは、今後のスバル戦略の屋台骨ですし、インプレッサも主力車種のひとつですから、思い切り力が入っています。

EVをいち早く市販した三菱からは、「三菱 eX コンセプト」が紹介されます。

RVRクラスのコンパクトSUVで、EV化を実現。ハイパワーツインモーターによる4WDシステムに加え、リア左右輪のトルク配分を制御するS-AWCを採用。満充電で航続距離400kmを達成しているというのですから、超高性能EVに仕上がっています。

三菱の新デザイン「ダイナミックシールド」も決まっていますネ!

それにつけても、日本のメーカーは何と独創的なのでしょう。全く異なる技術で、世界で勝負しようというのですから、本当に素晴らしい。今度の東京モーターショーも、見逃せませんゾ!

■2015年東京モーターショーのすべて <電子版はこちら

(拓波幸としひろ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
Q&A
サイトマップ