LEDの2倍もの照射距離を実現したBMW i8「レーザー・ライト」の価格は?

コラム Clicccar

最近のヘッドライトの進化は著しく、アウディA8では25個のLEDで25億通りもの配合の組み合わせ(もちろんハイ/ローを含めて)を誇ります。

最近のトレンドといえるのが、次期プリウスにも採用される一眼でハイビームとロービームの機能を持たせたヘッドランプ。

ビッグマイナーチェンジを受けたフォレスターも1灯でハイビームとロービームを切り替えられるバイファンクションプロジェクターを採用しています。

今回ご紹介するのは、BMW i8が新たにオプション設定し、2016年1月から納車予定の「BMWレーザー・ライト」。

アウディが量産車として世界で初めてレーザーライトをR8を採用していますが、こちらは世界99台限定で、日本にはわずか6台のみという割り当てでした。

BMW i8の「BMWレーザー・ライト」は、70km/hを超えるとLEDハイビーム・ヘッドライトに加え、レーザー・ライトが自動的に点灯。LEDの約2倍に相当する最大600mまでの照射範囲を照らすことができるもの。

明るい場所では宝の持ち腐れになりそうですが、70km/h以上という条件がありますから都市部ではなく高速道路や郊外などでの使用が前提になります。

また、高効率なLEDライト技術に比べて「BMWレーザー・ライト」はさらに30%優れたエネルギー効率を誇り、大幅な消費電力の削減を実現。

自然光に近く人の目にやさしい白色光を放射するのも特徴で、レーザー・ダイオードが発する光をヘッドライト内で蛍光体を使って白色光に変換。さらに、このレーザー・ダイオードは、通常のLEDに比べ1/10ほどの大きさのため、重量削減に貢献するとしています。

なお「BMWレーザー・ライト」のオプション価格は、85万円! スズキ・アルトの廉価グレードが買えてしまうお値段で、現在のi8の車両価格1966万円からしても決して安くはありませんが、i8を購入する層なら検討する人も多そうです。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■BMW i8 価格1917万円だけの価値はある?
http://clicccar.com/2014/09/09/267866/

■国内向け新型プリウスの外観デザインとサイズはどうなる?
http://clicccar.com/2015/10/13/332950/2/

■新型アウディA8のマトリクスLEDヘッドライトの「動き」がスゴい!
http://clicccar.com/2014/04/04/251121/

■世界初!レーザービームヘッドライトを搭載したアウディR8 LXMの価格は?
http://clicccar.com/2014/10/10/272148/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ