スーパーバイク・カワサキ「ニンジャ」のエンジンを2基搭載したスバルBRZの走りは?

コラム Clicccar

バイクのエンジンを搭載したスバルBRZはご存知ですか?

水平対向4気筒2リッターエンジンに代わり搭載されたのは、カワサキZX-12R、通称ニンジャと呼ばれる大型バイクエンジン。

直列4気筒1200ccのエンジンを何と2機組み合わせた、オリジナルエンジンを製作したのはニュージーランドのシナジー社。

そのエンジンをBRZに搭載したのは日本のアフターパーツメーカーのJUN AUTOです。

最大パワーは367.5ps。最大トルクは27.36kg-mとのことです。
ノーマルのBRZは200psなので約2倍のパワーがあります。

バイクのエンジンだけに高回転まで回り、最大馬力は何と10,680rpmで発生するそうです。

高回転型エンジンならでは甲高いサウンドを、今回は動画でお届けします。

なお、走行したステージは日本自動車研究所の高速周回路で、運転手はプロドライバーの山田英二選手です。

なお、10月26日発売のビデオオプション260号では、このBRZと同じステージで35GT-Rも走らせています。

1000馬力近いGT-Rは300km/hオーバーの記録しています。
その大迫力の車載映像は是非ビデオオプションでお楽しみください。

【VIDEO OPTION VOL.260】
時間:約90分
定価:2000円+税
発売日:2015年10月26日(月)

収録コンテンツ
■チューンドGT-R フル加速テスト
■帰って来た! 湾岸の千葉クン
■D1GPロシア
■GT-Rバイヤーズガイド

(V−OPT 松ちゃん)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ