新型プリウスにも搭載!? クルマ同士が通信して協調走行するシステム【動画】

コラム Clicccar

トヨタが2015年10月にマイナーチェンジしたクラウンから搭載をはじめた「ITS Connect」は、2015年12月に発売予定のプリウスなどにも搭載が予定されている、通信などを利用した世界初の運転支援システムです。

760MHzの専用周波数による車車間・路車間通信は、ドライバーの目や車載センサー類でも見つけられない死角の情報も伝えてくれるもので、右直事故の防止なども期待できます。

それだけではありません。車車間通信を利用した精度の高い追従クルーズコントロールも可能になっているのです。

ミリ波レーダーやステレオカメラなど、通常のセンサーを使った追従クルーズコントロールでは、先行車の速度変化をセンサーが捉えてから車速を合わせるという仕組みになっています。

そのため、先行車の速度変化の大きさによっては自車の加速度が大きくなってしまい、不快な乗り味と感じてしまうこともあるといいます。

そうした問題をクリアしようというのが、トヨタのITS Connectによる車車間通信を利用した追従クルーズコントロール。

その走りを体感する機会にめぐまれました。

動画を見るにはこちら

通常のクルーズコントロールでは、ミリ波レーダーからの情報を使って先行車に追従していますが、先行車もITS Connectを搭載している場合には、自動的に車車間通信(クルマ同士の情報交換)をはじめます。

そのメリットは速度変化を早めに伝えることにあります。

たとえば、なんらかの状況変化により先行車がブレーキを踏むなどして減速すると、760MHzの専用周波数を使って、すぐさまその情報が追従しているクルマに伝えられるといいます。

それによって、レーダーが先行車の減速を捉えるより前に、減速することが把握できるので、スムースに速度をアジャストできるというのです。

今回、軽めの渋滞に先行車が追いつくときに、そうした情報が伝わるシーンを助手席で体感しました。

動画を見るにはこちら

ブレーキランプが点灯した瞬間に、アクセルオフでエンジンブレーキを使った減速をするような振る舞いを想像していたのですが、それほどの反応速度ではない模様。

メーカーエンジニアの説明によれば、先行車のペダル操作ではなく、減速Gの情報をやりとりしているのだそうです。減速する意思ではなく、あくまで減速そのものに反応しているので、これで十分にスムースな走りになっているのだということです。

(撮影・文 山本晋也)

【関連記事】

トヨタ新型クラウンに世界初の運転支援システム「ITS Connect」採用!
http://clicccar.com/2015/10/01/330190/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ