【東京モーターショー15】パイオニアが自動運転技術や最新のAR HUDを披露

コラム Clicccar

パイオニアは、ブースでの展開のほか「スマートモビリティシティ2015」エリアでも「コネクテッドカー」から自動運転に関する先進技術を披露します。

ブースでは、次世代のコネクテッドカーライフを体験できる新型コンセプトモックである「In-Vehicle Context Awareness(インビークル・コンテキスト・アウェアネス)」が設置されます。

こちらは、運転中に刻々と変化する状況の中で、状況ごとにドライバーが必要とする情報を「先読み技術」を使って理解(推定)し、最適なタイミングで提供する先進的なコネクテッドカーライフで、シミュレーターで模擬運転しながら体験することが可能。

開発中の走行空間センサー「3D-LiDAR」は、自動運転実現のためのキーデバイスと目されている走行空間センサー。「高精度な自車位置推定」、「高度化地図の効率的な整備・運用システム(データエコシステム)」など、パイオニアが開発・構築中の先進的な自動運転関連技術が展示されるもの。

すでに2012年に「サイバーナビ」で実用化している「AR HUD(ヘッドアップディスプレイ)ユニット」の最新技術も披露され、ビッグデータを活用したさまざまなテレマティクスサービスが提案されます。

ほかにも、自動車向けクラウド基盤「モバイルテレマティクスセンター」を活用した業務車両向けテレマティクスサービス「ビークルアシスト」と、車両向けビーコン端末を活用したテレマティクス・ソリューション「クルマDEビーコン ソリューション」など、車載技術に定評のある同社らしい展示が盛りだくさんです。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ