スズキ、日産、トヨタがコンパクトHVを相次いで発売か?

コラム Clicccar

国内におけるコンパクトHVの新車販売では、これまでトヨタ「アクア」とホンダ「フィット」が市場を二分して来ました。

そうした中、来年の発売が見込まれるスズキの新型「スイフト」や日産「ノート」にもHVが設定されるようで、コンパクトHVの選択肢が広がろうとしています。

動画を見るにはこちら

またトヨタ自動車も新型プリウスと同じハイブリッドシステムを搭載したコンパクトSUV「C-HR」の投入を来年に予定している模様。

日経新聞によると、2020年には国内の登録車に占めるHVの比率が4割超にまで高まる見通しと言います。

次期「スイフト」では8月に発売された新型「ソリオ」と同様、直列4気筒 1.2L直噴エンジンにモーターを組合わせた「マイルドハイブリッドシステム」が搭載される模様。

また同社が東京モーターショー15に出展予定のコンパクトクロスオーバー「IGNIS(イグニス)」にもHVが用意されているようです。

スズキのマイルドハイブリッドシステムは発進加速時に85km/hあたりまでISG(モーター機能付発電機)でエンジン出力を最長30秒間に渡ってアシストするタイプ。

専用のリチウムイオンバッテリーを搭載しており、減速時のエネルギー回生やアイドリングストップ後のエンジン再始動をISGが行い、無駄な燃料消費を抑制します。

 

国内では燃費の良さや税負担の軽さなどからエコカー市場が拡大しており、HVの国内販売は昨年に初めて100万台を突破、国内の登録車の3割を占めました。

日産ではこれまで「フーガ」や「スカイライン」といった高級車や中型車がHVの中心でしたが、今後はコンパクトカーに展開することで、販売に弾みをつけたい考え。

軽自動車税の増税により、軽の販売が足踏みする中、2016年には各社から手頃なコンパクトHVが相次いで発売されるようで、登録車の販売にようやく活気が戻る可能性が出てきました。

Avanti Yasunori

■画像をご覧になりたい方はこちらhttp://clicccar.com/2015/10/20/334314/

【関連記事】

新型プリウスはボディ剛性60%アップで 「走り」が向上!
http://clicccar.com/2015/10/20/334187/

新型プリウスが「TNGA」を導入して得たものとは?
http://clicccar.com/2015/10/20/333801/

燃費はリッター27.8キロ! 新型スズキ・ソリオはハイブリッドで登場
http://clicccar.com/2015/08/26/323498/

プリウス派生SUV「C-HR」が東京モーターショーで公開か?
http://clicccar.com/2015/08/23/322869/

次期スイフト? スズキが新型コンパクトカーをジュネーブモーターショーに出展
http://clicccar.com/2015/03/04/296554/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ