新型レクサスRXは、先代RXからどれだけ進化したか?

コラム Clicccar

「RXを超えた先にあるRX」をテーマに掲げて新型にスイッチしたレクサスRX。

レクサスのSUVでは、レクサスLXが最上級モデルとなりましたが、それまでの間日本ではRXがSUVシリーズの頂点に位置づけられていましたので、どれだけ進化したか気になるところ。

ボディサイズは、先代RXの全長4770×全幅1885×全高1690mmから、新型RXは全長4890×全幅1895×全高1710mmとサイズアップ。

中でも全長は120mmも延びていて、全幅はほとんど変わらず10mmワイドに、全高は20mm高くなっています。

ホイールベースも50mmストレッチされていますが、これにより、前後席間のカップルディスタンスが18mm延ばされて後席が広くなっているのは朗報。

荷室容量は、先代から43.3Lアップとなる553Lと拡大し、後席裏にトノカバーを立て掛けると、デッキに大きなスーツケースも収納できるそうです。

走りの面でも大きく進化し、ハイブリッドの4WDモデルには、電気式4WDのE-Fourを搭載し、「旋回時のスリップ率フィードバック制御とヨーレートフィードバック制御を加えて、走行条件に応じた最適な前後トルク配分を実現」したとしています。

いまやトヨタ、レクサス各モデルでお馴染みになりつつある2.0L直噴ターボエンジンの「RX200t」の追加設定もトピックスで、ハイブリッドではなく純ガソリンエンジンで爽快な走りを楽しみたいというニーズに応えてくれるとともに、こちらで紹介したように車両価格もハイブリッドより抑えられているのも魅力。

なお、気になる燃費とパワーですが、RX450hが3.5Lのアトキンソンサイクルエンジンを大幅に改良することで18.8km/Lを実現し、262ps/335Nmを発揮。システム最高出力は313psを誇ります。

先代のRX450hは、17.4km/Lというカタログ燃費で、最高出力は249psでしたからエンジン単体でもパワーアップが図られています。

一方の2.0L直噴ターボを積む「RX200t」は、最高値で11.8km/Lというカタログ燃費で、最高出力は238ps、最大トルクは350Nm。

先代のRX350は、3.5LのV6エンジンを搭載し、JC08モード燃費が9.1km/L、最高出力は280ps/348Nmでしたので、新型「RX200t」は燃費が2.7km/Lアップし、最高出力は譲るものの、同等レベルの最大トルクが確保されています。

さらに、先代のRX270は2.7Lの直列4気筒を搭載し、燃費は10.0km/L、188ps/252Nmというスペックでしたので、新型「RX200t」が燃費、動力性能ともに大幅にアップしているのが分かります。

(塚田勝弘)

【関連記事】

■レクサスRXがフルモデルチェンジ! ハイブリッドに加えて2.0L直噴ターボを新設定して価格は495万円〜
http://clicccar.com/2015/10/22/334691/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ