日本ではムリ! 自動運転のメリットがわかるけどヤリ過ぎなムービー!?

コラム Clicccar

突然ですが、みなさんは自動運転のクルマに乗ったことはありますか?

ボクは呆れるほど広い敷地内に作られたテストコースで乗ったことはあるのですが、勝手にハンドルは回るし、飛び出してきた人はちゃーんと避けるし、とにかく不思議な感覚でした。

でも、僕はまだいいんです。

「これから自動運転車に同乗体験してもらいますからねー」と声高に宣言されて覚悟を決めさせられて(!)から乗ったので。

もしも、ドライバーが同乗者に内緒でいきなり自動車運転をはじめちゃったらどうなるか? そんないたずらを実際にやってしまった人の動画を発見したので紹介しましょう。

クルマは、テスラ・モデルSですね。

テスラ・モデルSのリヤシートにターゲットとなる何組かの同乗者を招き入れるところから、動画はスタート。

これが仕掛け人のお姉さん。最初は自分で運転していますが……

おいおい、走行中なのにハンドルから両手を離してメイクをはじめちゃったよ!

しかも、後ろを向いてわき見運転しちゃってるし!!

困惑するのは、いきなり自動運転をされちゃった同乗者たち。

彼らはこのクルマが自動運転車両であることすら知らされていないので、戸惑わないわけがりません。それが、このドッキリの見どころです。

果たして彼らは突然の自動運転を体験してどうなったか?その様子は動画でどうぞ。

動画を見るにはこちら

撮影に使われているテスラ・モデルS、2014年10月以降に生産された車両にはつい先日(10月14日)の制御ソフトウェアのバージョンアップで自動運転機能が追加されたんですよね(日本でも数週間以内にバージョンアップが提供されるとのこと)。

だからYOUTUBEを見ると、テスラ・モデルSの自動運転動画がたくさんアップされているというわけです。

自分の手元にあるクルマが、ある日突然自動運転できるようになる。

なんか絵空事みたいですが、気が付いたらテクノロジーはそこまで進化しているのでした。

そりゃそうですね、「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」で描かれていた未来が気が付いたら“過去の日”になっちゃっているくらいですから。

ただ、現時点で提供されているテスラの自動運転システムは、アメリカの運輸省の道路交通安全局による自動運転区分(「ドライバーを乗せずに走れる完全な自立型運転」が頂点のレベル4)では「レベル2」。

自動運転中でも事故などの責任はドライバーとなり、ドライバーはとっさの事態にすぐに対応できるよう基本的にハンドルへ手を添えることが求められています。

動画中でも「ピピピピ…」という警告音がときどき聞こえますが、これはクルマが「もうムリ〜!ドライバーさんよろしくね」と運転への介入を促すものなんですね。

というわけで、この動画はちょっとやりすぎ(笑)。最近の日本で真似したら、炎上すること間違いなしなのでご注意を!

(工藤貴宏)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ