659ps/881Nmを誇るシボレー・コルベットZ06が一部改良で「Apple CarPlay」に対応

コラム Clicccar

アメリカンスポーツカーを代表するシボレー・コルベット。

その最強モデル「シボレー・コルベットZ06」は、第7世代シボレー・コルベットがベースで、新開発のスーパーチャージャーをはじめ、直噴技術、「アクティブ・フュー エル・マネジメント(気筒休止)」、可変バルブタイミングシステムなどの最先端テクノロジーを満載した第5世代の6.2L V8エンジンが搭載されています。

最高出力は659ps、最大トルク881Nmという圧倒的なアウトプットを誇るZ06のトランスミッションは、アクティブレブマッチング機能付7速MT、パドルシフト/リモートスタート機能付8速ATを設定。

とくに後者は、GMが設計から生産まで行っているもので、Z06用は、自動的にパフォーマンス走行を認識し、変速レスポンスを変更するなどの専用チューニングが施されています。

今回の変更では、シボレー初となる「Apple CarPlay」への対応がトピックス。VICS3メディア対応の大容量(16GB)SDナビゲーションを搭載し、地上デジタルTV内蔵の「MyLink統合制御ナビゲーションシステム」が標準装備されています。

「Apple CarPlay」使用時は、「Siri」の音声コマンドによる安全な操作が可能で、ハンズフリーで電話、ミュージック、メッセージなどのiPhone機能とオーディオブック、PodcastといったそのほかのiPhoneアプリケーションの操作ができます。

また「MyLink」もアップデートされ、新たに標準装備されたフロントカーブビューパーキングカメラの映像が「MyLink」画面上に3分割で表示されるようになっています。

これにより、駐車する際に縁石や障害物などとフロントスプリッターの接触が防ぎやすくなるなど、低く構えたコルベットならではの悩みを解決してくれるはず。その他にも、リヤハッチ/トランクオートクロージャーも追加されるなど、実用性の向上が図られているのも朗報です。

そのほか「Z07パフォーマンス・パッケージ」をオプションパッケージ(135万円!)で用意。

こちらは、サーキット走行のための装備で、ブレンボ製カーボンセラミックブレーキとミシュランパイロットスポーツCup2タイヤを装着。さらに、エアロダイナミクス装備として、ヴィジブルカーボンファイバー製グランドエフェクト(専用フロントスプリッター/コーナー、専用調整式クリアリヤスポイラー(ヴィッカービル)がセットになって装着されます。

車両価格は、シボレー・コルベットZ06(クーペタイプ、7速MT)が1425万円、シボレー・コルベット Z06(クーペタイプ、8速AT)が1442万円、シボレー コルベット Z06(コンバーチブルタイプ、8速AT)が1502万円です。

(塚田勝弘)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ