フォード・フォーカスはCセグメント最高のハンドリングマシン!?

コラム Clicccar

ビッグマイナーチェンジを受けたフォード・フォーカス。

最大のポイントは、2.0LのNAエンジンから1.5Lターボにダウンサイジングしたことで、パワーも燃費も向上しています。

フォーカスの魅力といえば、軽快かつ正確なハンドリングを楽しめる点で、中低速域から高速域まで長い時間、長距離を共に過ごしていると本当に実感させられます。

今回試乗したのは箱根ターンパイクというフォーカスを試すには最適なステージ。

軽めのパワステはフリクションを感じさせないスムーズな感触で、もう少し手応えがあってもいいかも、と思うほど。

そうはいっても少し前のアウディのように軽すぎて、反応がもの足らないほどではなく、今回、電動パワステもダイレクトな設地感が得られるようにチューニングされているそうですからすぐに慣れてきます。

多様なコーナーが連続する箱根ターンパイクでは、たとえば荷重移動をそれほど意識しなくても、極端にいえばステアリング操作だけ難なくコーナーをクリアしていく感じでしょうか。

それはボディやサブフレームの剛性の見直しを含め、サスペンションジオメトリーの最適化、ブッシュ類の剛性を改善したというシャーシのバランスのよさはもちろん、トルクベクタリングの効果も見逃せません。

1秒間に100回の頻度で車両を監視しているという同システムは、アジリティ(俊敏性)とスタビリティの両立を実現しているだけでなく、ドライバーにほとんど感知させない自然な制御。

もちろん、腕自慢からは「なんだかもの足らない」という声も聞こえてきそうですが、冒頭でも紹介したように、おそらく長い距離を走るほど、つまりオーナーになればその良さが実感できるような気がします。

さらに、今回のテーマである乗り心地や音・振動面の改善は明らかで、今回のマイナーチェンジ前のフォーカスをベースとしたSUVのクーガと比較すると(比べるのは酷でしょうが)、洗練されたマナーも同セグメントでもトップクラスといえそう。

新型フォーカスに乗る少し前に、Cセグメントでは唯一のFRであるBMW1シリーズ(3気筒モデルの118i)に改めて乗る機会がありました。

両車、味わいは異なるものの、パワフルなエンジンも含めて、ハンドリングの面でもFFのフォーカスの方がよりスポーティに感じました。気になる方はぜひ一度試乗していただきたいモデルです。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【関連記事】

■フォード・フォーカスが新たに搭載した1.5Lダウンサイジングターボの実力は?
http://clicccar.com/2015/10/19/334086/

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ