【東京モーターショー15】見えないところをよく見せる! データシステムは一見の価値あり!!

コラム Clicccar

最近では、リヤビューカメラやコーナーセンサーが普及して、バックの際にクルマをぶつけたり、こすったりしにくくなりましたよね。でも、ちょっと前のクルマやグレードによっては、そういう安全・便利装備がついていなかったりします。それって後付けのパーツとしてもつけることができるって知ってました?

そういったカメラやモニターを幅広く扱っているのがデータシステムです。そのデータシステムが東京モーターショー2015でブースを出展し、新製品をはじめ、さまざまなカメラ・モニター、カーAV、セーフティ・ユーティリティのデバイスを展示しています。

そのなかでまずご紹介したいのが、「マルチビューカメラ MVC811」。死角を補う小型カメラですが、水平画角にして180°という広角レンズを採用しています。

非常に広い視野を見ることができるわけですが、それだけじゃない。180°の視野をそのまま映すと距離感がわかりづらかったり、見にくい場面もあるので、ゆがみをなくしたノーマルビュー、あるいは上から見下ろすようなトップビュー、さらに左右画像の拡大分割表示、トップビューとワイドビューの分割表示など、合計6種類の表示方法を小型スイッチひとつで切り替えて使うことができるのです。正像・鏡像の切り替えができるので、フロント用としてもリヤ用としても使えます。まだ価格と発売時期は未定ですが、近いうちに発売を予定しているそうです。

それから注目なのが、「新型リアVIEWカメラ RVC800」。もともとデータシステムのカメラは夜間でも明るく見やすいことに定評があったのですが、さらにこれは水平画角140°という広い視野を採用。歪みは少なく、それでいて広範囲の死角を確認できます。加えて、取り付けの自由度を増したステーを採用しているところも特徴。このステーは、取り付けたあとからでも角度調節が可能なだけでなく取り付けの高さも調節可能なんです。これによってカメラを目立たずキレイに取り付けることができるようになります。一般的なピン端子(RCA)出力なので、市販ナビやディーラーオプションナビ、メーカーオプションナビなどに幅広く接続できます。こちらは12月発売予定だそうです。

 

また、純正のエンブレムを外して、その部分に装着することで、純正風の自然な外観ながらリヤビューを見ることができる「エンブレム リアカメラキット RCKシリーズ」(トヨタ、ダイハツ、スズキ、スバル用)も12月発売予定。

左右どちらのミラーにもとりつけることができて、角度調節も可能でサイドビューカメラに最適な歪みの少ない画像を写す「サイドVIEWカメラ SVC260」は1万4800円(税別)、車種別設計でサイドミラー下部にきれいにフィットする「車種別サイドカメラ SCKサイドカメラキット」は1万8858円〜(税別)、「200系ハイエース用リヤカメラキット RCK-22H3/RCK-22H7」といったアイテム(税別2万762円〜)もあります。

手軽に防犯システムを構築できるようなユニークなデバイスもあります。それは「センサースイッチコントローラー SWC295」。どういうものかというと、駐車中でもドップラーセンサーが反応すると、一定時間12V電源を出力するという装置なんですね。たとえば、市販のドライブレコーダーを接続させれば、不審者を検知したときだけ作動する防犯カメラにすることができます。また、防犯ランプや防犯アラームを接続すれば、不審者に対して警告することも可能になるというわけです。こちらは1万1800円(税別)。

バンパー等に埋め込んだ超音波センサーによって、障害物との距離が近づいたときに音や距離表示モニターで警告してくれる「コーナーガイドセンサー CGS252/CGS282シリーズ」も1万4800円〜(税別)で発売されています。

また最近は純正でリヤビューカメラがついているものの、カーナビは市販のものをチョイスしているという車両も多いと思いますが、そんなクルマでカメラの映像をナビのモニター画面に映すための接続アダプター「RCAシリーズ」や、外部入力端子のない純正ナビに、スマートフォン、地デジ放送、DVDなどの映像を入力するためのビデオ入力ハーネス「VHIシリーズ」、純正ナビの映像をリヤシートに増設した市販モニターなどに映すことができるビデオ出力ハーネス「VHOシリーズ」、スマートフォンの映像や地図などを、HDMIからRCAに変換して、ナビやモニターに出力する「HDMIアダプター HDA433」といった、もともとは互換性のない既存のデバイス同士をつないでくれる便利なハーネス類も展示されています。

参考出品ですが、デジタルカメラ&モニターなどは将来活躍しそうな技術を使ったものです。現在の車載カメラはNTSCというアナログ方式で撮影してモニターに表示しているんだそうですが、これはデジタル信号を処理して表示します。画質がいいほか、スクロールできたり、将来的には画像処理によって歩行者を検知したりする技術にも応用できる可能性があるなど、活用が期待されるものだそうです。

いままでの電子パーツ類とはガラっとジャンルが変わるんですが、データシステムはクルマのドレスアップパーツも作っていて、なかなか人気も高いです。そんなアイテムも今回は展示されています。

まずは、マツダ・ロードスターのインテリアキット。スエード調人工皮革素材「ウルトラスエード」(以前はアルカンターラと呼んでいたものの名称が変わったんですね)を使った、純正の内装と交換して装着するドレスアップパーツです。表皮は8色が用意され、さらにステッチの色も選べるそうです。写真はまだ試作品です。

もうひとつは、マツダ・ロードスターのハーフスポイラー。純正バンパーにかぶせて装着し、純正バンパーの下半分を覆うタイプですが、左右の開口部部分に関しては純正バンパーを加工する必要があるそうです。かぶせタイプながらノーマルのボディにスムーズにフィットし、違和感のない仕上がりです。それでいてかなりアグレッシブなイメージになりますよね。

というわけで、話はもどりますが、車載カメラや超音波センサーによる安全性の向上、さらにはカーAVの利便性アップをはかりたいかた、東京モーターショー2015のデータシステムブースで展示されている製品で、いろいろなことができるようになることがおわかりいただけたでしょうか。もちろん、ここに展示されていないものでも、いろいろな電子パーツがありますよ。

そして、ロードスターのドレスアップを考えているひとも、ぜひ参考に東京モーターショー会場の西2ホールへどうぞ!

(まめ蔵)

 

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ