【東京モーターショー15】小さくないコンパクトSUV“マカン”にスポーツモデルGTS登場!

コラム Clicccar

今年、ポルシェのラインナップで一番売れているモデルは何だか知っていますか?
カイエン? それとも911、ボクスター じつはコンパクトSUVのマカンで上半期だけで1246台を販売しています。

2014年11月から販売を開始したマカンですが、今回の東京モーターショーでマカンGTSをワールドプレミアしました。

マカンは全長4692×全幅1926×全高1609mmのコンパクト(?)SUVですが、新たなGTSはシャシーとブレーキを強化し、最高出力360psの3リッターV6エンジンを搭載したスポーツモデルです。

マカンのラインナップでは、マカンSとマカン・ターボの間に位置づけられるモデルで、内外観でスポーティなイメージを強調しています。

とくにブラックで仕立てられたウエストライン上部のハイグロスフィニッシュとボディ下部のマットフィニッシュが特徴で、前後でサイズが異なるタイヤもGTS専用の装備です。

今回のショーで911カレラ4とともにマカンGTSが世界に先がけお披露目されたことについて、七五三木敏幸ポルシェジャパン社長は「ポルシェが日本市場を重視しているため」と、カンファレンスでスピーチしていました。

事実、昨年の販売台数が5000台を超えた日本市場は、ポルシェにとって世界で6番目に大きな市場なのだそうです。

ポルシェブースを見る限り、日本で「クルマ離れ」なるものは存在していないようですね。

(テヅカ・ツヨシ)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ