【東京モーターショー15】ホンダの2輪は伝統継承と更なる進化…だけではなかった!

コラム Clicccar

東京モーターショーのホンダブースでの2輪系モデルは、伝統の継承と正常進化が印象に残るラインナップを展示しています。

しかし、そこはホンダ。流行の兆しを見せるトライクを展示しましたが、他のメーカーとは一味違う提案をしています。

Concept CBは「伝統、先進、空冷」をキーワードに、CB1100を深化させたフラッグシップ的なコンセプトモデル。

LEDを採用しながらも、伝統的な丸目1眼にこだわったヘッドライト。叩き出しの様な陰影のある、コストは掛るが格好の良い燃料タンク。また、ショートマフラーにアルミのサイドカバーやメッキパーツを奢り、大人のライダーへアピールするコンセプトモデルです。

このコンセプトCBを筆頭に、「広大な大地を走り抜け、様々な場所に行くことを可能とする夢の実現」をコンセプトに、オフロード走行を可能としながら日常の使い勝手の良さも追求したCRF1000L Africa Twin(市販予定車)。

ちなみに、アフリカ・ツインの名は15年ぶりの復活となります。

他にも、スーパーカブのコンセプトモデル2種(初代スーパーカブをモチーフにしたEVとエンジン搭載車)や、

「アグレッシブ&スピードシェイプ」を体現するライトウエイト・スーパースポーツ。

現行CB1100のカフェレーサー仕立てモデルや、CB1300 スーパーボルドールのカラーリングとマフラーを変更したモデルなどのデザイン提案モデルも展示されています。

また、水曜は未だ展示されていませんでしたが、NC750X/400Xのマイナーチェンジモデルも発表されます。

これらは正に伝統と進化の賜物ですが、「予想の遥か上を行く」ホンダDNAを体現するようなトライクモデルが展示されていました。

それが、NEO WING。既存の二輪同等の「寝かせる」コーナリングを楽しめるスポーティーさに安定感を加えた、スポーツハイブリッド三輪です。

パワーユニットは低重心の水平対向4気筒エンジン+モーターのハイブリッドシステム。前輪にウィッシュボーンサス+アクチュエーターによりロールを制御。

車体が傾く事からタイヤはもちろん2輪車用です。

フロントフォーク支持点が車体上部にないことで、フロントを低く下げるスタイリングの自由度を確保しました。

開放的で躍動感溢れる走りを「多くの方が楽しめる」提案ですが、今回は試乗会や走行シーンの動画公開は無いとのこと。惜しい…

トライクは車の免許で乗れる乗り物です。昔、2輪免許が取れなかった方にも軽快な運動性が体感出来そうなNEOWING、継続開発に期待すると共に「ホンダDNA」をモーターショー会場で確認されては如何でしょうか。

(川崎BASE)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ