【東京モーターショー15】抽選販売決定!? マニア目線で見るスバル最強の「S207」

コラム Clicccar

東京モーターショー2015のスバルブースでは、VIZIV FUTURE CONCEPTやIMPREZA 5-DOOR CONCEPTが話題となっていますが、やはり見逃せない市販モデルは「S207」ではないでしょうか。

S207はWRX STIをベースにSTIの手がけたコンプリートカーで、エンジンや足回りを専用チューン。内外装にもスペシャルパーツを数多く装備しています。

コンセプトは「Sport,Always!」〜究極のロードゴーイングSTI 〜。

誰もがどこで乗っても同乗者も含めて「気持ちがいい」と感じ、「運転が上手くなる」STIコンプリートカーの最高峰モデルとして「愉しさで世界ナンバー1」のクルマを目指しているそうです。

「S」シリーズはSTIコンプリートカーのなかでも最高峰に位置するモデルで、足回りや内外装がメインの「tS」シリーズとは異なり、エンジンにも手が入るのが特徴です。
先代モデルをベースとした「S206」までは、最高出力が320psとなっていまっしたが、今回のS207では、最高出力328PSを発生。ついに320psの壁を越えている部分もトピックといえます。

注目は多岐にわたりますが、気持ちの良い走りを実現させるために徹底的にだわった足回り、11:1のクイックステアリングギアレシオ、STIコンプリートカーではおなじみのフレキシブルタワーバーなどのパーツ類に加え、フロントに国内メーカー初採用となる可変減衰力サスペンションDampMatic||を採用しています。

DampMatic||とは、市街地などの細かな凸凹から、高速道路などのうねりまで、あらゆるステージでフラットライドを実現するダンパーとなっているそうです。

ほかにも、標準モデルではフロントのみとなるアクティブトルクベクタリングの制御をリヤにも追加。シャープなコーナリングを実現しているそうです。またブレーキにはbrembo製フロント6ポット、リヤ4ポットのモノブロック対向ブレーキキャリパーにドリルドローター(フロントは2ピースタイプ)を組み合わせています。

足回りには専用設計の255/35R19タイヤ、銘柄はベースモデルと同じくダンロップのSPORT MAXXとなっていますが、S207のために新たに設定されたサイズで、現時点ではS207専用タイヤとなっているそうです。

エアロパーツは、専用大型フロントスポイラーの採用。標準タイプのフロントアンダースカートよりフロント側へ40mmほど拡大され、走行性能の向上に貢献。開口部の下側にブラック塗装を施すことでよりワイド&ローを強調したアイデアも取り入れられています。

ディーラーオプションとなるサイドサンダースポイラー、リヤサイドアンダースポイラーは標準タイプと同一形状としながらも、S207専用にピアノブラック塗装を施すことで特別感を演出しています。

リヤバンパーにはサイド部分にエアアウトレットを装備。ホイールハウス内の気流を効率よく逃がす効果を生み出す装備で、ニュルブルクリンク24時間レースで得たノウハウを取り入れた部分だそうです。

インテリアに目を向けると、専用のSTI製「RECAROバケットタイプフロントシート」が目を引きます。

これはBRZ tSにも採用されたものと同一形状で、サイドエアバッグはもちろん、シートヒーターも装備。ブラックとシルバーのセミアリニンレザー仕様となっています。

メーターパネルには専用スポーツメーターを採用。文字盤のフォントなどは「tS」などと共通のイメージとしています。またステアリングスポークカバーやパワーウインドウスイッチパネルなどの加飾には金属調のパネルを採用。より上質なイメージへ仕立てられています。

「NBR CHALLENGE PACKAGE」は、S207に専用ドライカーボン製リヤスポイラーや2015年ニュルブルクリンク24時間レースクラス優勝記念オーナメントを採用。

インテリアにはウルトラスエード巻のステアリングやレッドのシートベルトも専用装備としておごられています。

限定数は200台。ボディ外装色は、WRブルー・パール、クリスタルホワイト・パール、クリスタルブラック・シリカの3色となっています。

さらに限定色として鮮やかなサンライズイエローを採用した「NBR CHALLENGE PACKAGE YELLOW EDITION」をさらに限定100台で設定しています。

YELLOW EDITIONはNBR CHALLENGE PACKAGEの装備に加え、ブラック塗装のドアミラーをはじめ、イエローのS207ロゴ入りサイドシルプレートを採用。サイドステップに配されたS207専用サイドシルモールもメッキからブラックへと変更されています。

この、スバル最強のS207は400台限定となっていますが、あまりの受注の多さから販売は抽選となるようで、実はこうした販売スタイルもSTIコンプリートカーとしては初の試みとなっています。

これまで発売してきたSTIコンプリートカーも即日完売するモデルが数多くありましたが、すべて先着順での販売となっていました。

しかし、今回から公平を期すために抽選販売となる模様。これまで以上にプレミアがつくスペシャルモデルになるのではないでしょうか?

(井元 貴幸)

goo 自動車&バイク
トップ
中古車
車買取・査定
車検・整備
自動車保険
バイク
バイク買取・査定
ランキング
ニュース
特集
まとめ
Q&A
サイトマップ